文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
今後どうするか。。。
ようやく、発言自粛中に思ったことを幾つかまとめて記事にし、
再開したばかりのところではあるが、
此処を今後どうするか、は、切なる悩みとなった。
なので、また暫く発言を控えようと思う。


八甲田雪崩事故の扱いに関して、もっと責任を果たしたい気持ちはあるが、
私が何を言っても不愉快になる人物もいるようだし
(それなら、読まなければいいのにと思うが。。。。)、
自分も精神的時間的に余裕が無い。


余裕が無い中で、不適切な発言をしたら申し訳ないとも思うので、
大変勝手ながら、もう少しお時間をいただきたい。


また、根本的な問題で別途、「どうしよう」というのもある。

[今後どうするか。。。]の続きを読む
スポンサーサイト
| 雑記・お知らせなど | 22:02 |
ものごとの繋がり。
正直言って、いわれ無き中傷を受けた最近の件で、
改めてつくづく感じたのは
「ものごとと、ものごととの繋がり・関わり・共通点を、
 じっくり振り返って考えようともしない人が多いのかも」
ということだ。


また、ついでに言わせて貰えば、
一部に反論しただけで、「全否定」と短絡的に思う人や、
中傷批判の区別の付かない人が多い、ということも思った。
まあ、この点はまたいずれ別途、改めて「一般論」として書く予定だが。

[ものごとの繋がり。]の続きを読む
| 中傷・成りすまし | 21:57 |
著作者人格権の侵害?
私に悪意的解釈の言いがかりをした、ぶう氏。
本来もう関わりたくないのだが最後にひとつだけ、重要な指摘を。


ぶう氏は、私への「(本人いわく)批判」と称して
脳内妄想炸裂な、事実無根の中傷をしている。
その中で、私の発言を恣意的に切り取って引用している部分がある。

しかし、他人の公開発言を引用しておきながら、
その出典である、此処へのリンクやURL掲示等が一切無いのである。


しかも、別の記事やコメントに書いたバラバラの発言を
敢えて、悪意的につなぎあわせ、非常識な発言に見せかけている。


これは、著作者人格権の侵害ではないか、と私は此処で指摘する。

[著作者人格権の侵害?]の続きを読む
| 中傷・成りすまし | 21:43 |
今後の、固有名詞表記について。
昨日うっかり明記するのを忘れたが、
このブログでの今後の固有名詞表記について
方針を少々改めるので、お断りである。


固有名詞と言っても基本的に此処では今のところ、
「一般人の個人実名」は一切書かないことにしている。
プライバシー侵害若しくは名誉毀損に該当すると思っているからだ。

なので、書くとしたら、
・地名
・会社などの組織や団体の名称
・ネット上で発言されている・いた方のHN
・政治家、芸能人など著名人の活動名
だけになるはずだ。


そして、私は此処では、あくまでもこのブログのテーマと
「共通点がある、または参考にする点がある」と私が判断した
社会的事象を、自分の観点から記述することにしている。

[今後の、固有名詞表記について。]の続きを読む
| 雑記・お知らせなど | 00:18 |
やっぱりぶう氏は、悪意的言いがかりだったのか。
私に対し、ネット上でのプライバシー侵害を行った挙句に
注意書きがないなどの責任転嫁や詐称呼ばわりなどの迷惑行為を
連続して行った、Yahooブロガーのへぼ氏だが、
http://blogs.yahoo.co.jp/s_evans_000/
そのへぼ氏への批判(中傷ではない)の引き合いとして挙げた一つに、
今年2月に起きた、八甲田の雪崩事故がある。

その、青森県八甲田山で起きた死傷事故を引き合いに出したことに、
ぶう氏というブロガーからクレームが付いた。
http://narunara.no-blog.jp/ippo/


そのぶう氏だが、私の記事・考えが気に入らないからと、
一方的な脳内妄想で、無いこと無いこと、言いたい放題の
事実捻じ曲げ暴言を行ってきている。


八甲田事故をあげた記事での、私の表現が一部不適切だったことは認めるし、
それで不愉快になったなら申し訳なく思ってもいるが、
私の歩み寄りや謝罪の発言をことごとく無視した挙句、
「(ぶう氏の)周囲に悪意のある人が居ないか心配」という発言を
一方的に「身内を完全否定したと受け取る」などと
極端な解釈・宣戦布告に近い発言をしている。


なぜ、こんなにも曲解するのかと思ったら。。。


[やっぱりぶう氏は、悪意的言いがかりだったのか。]の続きを読む
| 中傷・成りすまし | 00:21 |
取り急ぎ、事実無根である、との表明。
あまりにもの事実無根の中傷攻撃に、正直、辟易してしまい、
言い返すのもアホらしくなってしまってもいるが、
長い間黙っていると「認めた」と言い出す短絡的人物も出そうなので、
ごく部分的ではあるが、意志表明だけしておく。


私がこのブログの中で言ったこと以外の、第三者の管理下サイト等にて
私が言ったものだと一方的に断定されている記述は、
一部を除きほぼ全てが、第三者の憶測による事実無根の中傷です。


他のブロガー様と根拠無く同一視したうえで侮辱する発言も、
勿論、根拠など全くない言いがかりの妄想であり、
また、此処以外の場所で、私が誰かを批判・否定するがごときの発言は、
決して私が行ったのではない、事実無根の中傷です。


少なくとも今年の2月以降は、なりすまし被害を受けた影響もあり、
私は他所様のコメント欄等で他人様の批判を行わないようにしています。
反論や苦情・批判はあくまでも此処のみでしているため、
他の場所で行われた、私名義での他人様の批判行為や
私が言ったとされる、他人様の人格否定のような発言は全て、
悪意的解釈による第三者の偏見、若しくは
成りすましに拠る悪意ある嫌がらせ行為です。


そのような、卑劣な人物の発言を安易に信じないでください。


また、私はあくまでも、他人様の事情や発言その他について
断定はせずに「推測」に留め、推測した理由をも明記しますし、
「可能性の指摘」や「曲解はしないでくれ」といっただけで、
ぶう氏の「全人格」を否定したり、向こう様の身内の方を否定したり、
周囲の方「全員が悪意」などと断定したことなどは決してありません。


なのに、ぶう氏は、例えば後述のような中傷を書いております。


今まで、私が引き合いに出した事故の関係者だと思ったから、
なるべく歩み寄りができれば、と切に願っていましたが、
一方的に中傷するような人物とは、正直もう一切関わりたくありません。

マトモな意見交換ができるようになり、中傷に対する謝罪があるまで、
関わりを拒否させていただく所存にございます。

批判意見を表明するなら、説得力のある根拠が必要ですが、
脊髄反射の脳内妄想を理由にされても、非常識で迷惑ですので。


ということで、ぶう氏の書いた中傷のごく一部を実例として紹介し、
ごく一部であるが反論させていただく。

[取り急ぎ、事実無根である、との表明。]の続きを読む
| 中傷・成りすまし | 00:08 |
ekkenさん、lstyさんの記事にも助けられた。
発言自粛中、複数の知人や警察からも助言をいただいたし、
知人の中には、相手を通報する、とさえ仰ってくださった方もいた。
流石に弱気になっていた私だが、随分励まされた。
改めて、助言くださった方々には御礼申し上げたい。


また自粛中には、表記の通り、ekkenさんやlstyさんの過去記事を
だいぶ、読み漁って参考にさせていただいた。
ekkenさんには、自分は反論記事を書いてトラバしたことさえあるが、
基本的には、同意する意見の記事のほうが圧倒的に多く、
このところの中傷事件では随分、精神的に助けられたと思う。


今回は、私が勇気付けられた記事を幾つか紹介し、
お二方への御礼の代わりとする(改行のみ、私による改変あり)。




[ekkenさん、lstyさんの記事にも助けられた。]の続きを読む

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

| 中傷・成りすまし | 23:37 |
| ホーム |

プロフィール

oioioioichan

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。