文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

ネット上発言の影響を考えた、そのいち。 | main | プライバシー侵害が「くだらん事」??
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
卑怯な中傷。
ブログでの不愉快な経験として、最も私が許せないのは
個人情報暴きやプライバシー侵害であるとは過去にも述べてきた。
状況によっては、単に「ネット上の問題」だけでは済まなくなるからだ。

しかし決して、プライバシー侵害以外は気にしない、というわけではない。

ここのところ、タイトル通りの私への「卑怯な中傷」を
web上で目にすることが何回かあった。
私のブログ批判的な意見を持つこと自体は、閲覧者の自由であるが、
公開の場に、「批判としての体裁を整わない」ような侮辱を
名指しで書き込まれるのは、不愉快である。

そして、そういった私を名指しでの「批判的な書き込み」が、
此処の私のブログ内でもなく、発言者本人のサイトでもない、
「第三者」のところでされるのは、
個人情報暴きやプライバシー侵害の次に非常識だと思う。

更にはその「批判らしきもの」の根拠が、発言者の個人的感情だけだったり、
あるいは「誤解」「事実誤認」「曲解」による批判だったりすれば、
中傷と受け止めるのは普通ではないだろうか。

確かに、此処を見てどのような感想を持とうと、閲覧者の自由である。
「暗い、ドロドロした世界」という気持ちになるのは自由だ。
なにしろ書いている自分自身が、暗いと思っているほどだから、
心の中でそう思うこと自体をヤメロというつもりはサラサラない。
そう思われるのすら嫌ならそれこそ、私の方が
ネットに書くのを止めるべきなのだ。

しかし。
いくら、閲覧者にも思想の自由、表現の自由があると言っても、
その「自由」を行使するためには、最低限の
「ルール」「やり方」というものがあるのではないか?

第三者の所で、侮辱的に書き殴る、という行為は、
その「ルール」を無視しているとしか思えず、本当に腹が立つ。
ましてや、私に何も知らせないまま、好き勝手に書き殴り、
「読みに来るはずだ」という思いこみから中傷するのは本当に卑怯だ。

なぜ、せめて自分のところでやらないのだ?
しかも、こちらに弁解や謝罪の余地をなぜ与えないのだ?

もしかすると、私にも誤解や表現誤りがあったかもしれないが、
こういった卑怯な中傷からは、私の過ちを正そう、という意志よりも
「叩き潰そう」という「悪意」しか感じることが出来ない。


これは、Yahooブロガーへぼ氏の友人B氏、C氏も同様だ。
感情的に自分の友人に同情するあまり、常識を逸脱しているとしか思えない。
私への批判があるなら、此処か自分のブログに書け!

何度も言うように、私は「プライバシー確保」と「エロいスパム対策」のために
承認制をとっているため、批判意見も公開するつもりなのである。
ましてや、批判した相手本人からの書き込みは、
プライバシーに問題」さえなければ、どんな侮辱的なものでも公開する。
それが、ネットで発言したものの責任と思っているからだ。

B氏、C氏も本来は、罪のないブロガーだったはずなのに、
非常識なブロガーへぼ氏に関わり、すっかり非常識になってしまったようだ。
自分の発言に責任すらも持てないようである。

まあそれでもまだ、B氏C氏は、HNと自分のURLだけは明らかにしている分
多少はマシな方なのかもしれないが。
もっと酷いのは、完全匿名で、ekkenさんのところに書き殴っている輩だろう。

ただ、「第三者の所で、勝手な中傷をしている」と言う点では
B氏C氏も、その匿名連中も、全く同じなのだ。

本当に不愉快である。

非常識で無神経、自己中で責任転嫁なYahooブロガーへぼ氏
勝手に私のプライバシーをネットに晒したことにより、
巡り巡って、こんな新たな不愉快な経験も加わってしまっている。
ちょっと逆恨みっぽいかも知れないが、
へぼ氏さえ「普通」であったなら、
私はこんな思いをせずに済んだのに、

と、愚痴りたくなってくるというものだ。

相変わらずへぼ氏は、
「自分は悪くないもんね~」と、蚊帳の外気分でいるようだが。。。。
ハッキリ言って、こんな迷惑な輩は早く「死ねばいいのに」とさえ思うよ、
人権侵害被害者の私からすれば。

ネットで発言する、ということは、第三者にも影響を与えうる、ということを
へぼ氏とその周辺は自己中で低脳なので、理解出来ないのかも知れない。
バカは直せないのかもしれないが、だとしたら絶対に、
リアルでの私の活動場所へ来るな!その前に事故って氏ね!

なお、蛇足ながら。
キチンとへぼ氏から反省謝罪歩み寄りがあり、その証拠を示せば
私もそれなりに対応(暴言を訂正するetc.)する心構えはあるので、
念のため。

そもそも私は、へぼ氏を個人攻撃して潰すのが目的では決してなく、
リアルで出くわしかねない以上、マトモな「普通の人」になってもらいたい、
というのが目的だったのだから。

それが、こんなにこちらまで、更にボロボロにされるとは。。。。
本当に悲しいし、悔しい。

なぜ、理由・根拠を述べて苦情申立てをしているのに、
逆恨みされて中傷されねばならぬのか?
理不尽な犯罪被害にあっている気分なのである。。。。。
スポンサーサイト
| Yahooブロガーへぼ氏の非常識 | 00:19 | トラックバック:0コメント:2
コメント
見えてない(苦笑)
こんにちは。
今回の記事、oioioioichanさまのお気持ちが伝わってきました。
そのうえでなお、あまり愉快でないことを言わせていただけるならば……
oioioioichanさまのことをそうして誹謗・中傷する人たちというのは、oioioioichanさまの記事など読んでいないと思います。
いえ、読んでいるのかもしれませんが、その意味は見えてないと思います。
人間、都合の悪いことは、ある程度、見ずに済ませることができるよう、自己防御の本能が働くものですが、世の中、その能力が異様に突出してる人、自分自身のミス(悪意)を「悪い」と認めないばかりか、周囲の人間にまでそう思わせてしまうほどに、突出した「防御能力」の持ち主、というのがいるみたいなんです。
突出した、というよりは「間違った」と言うべきなのかもしれませんが……
なので、中傷している人たち自身にしてみれば、「逆恨み」ではなく「防衛のための攻撃」なのかもしれません。
そうなってしまった人たちに、oioioioichanさんの声は届かない可能性のほうが高いと思います。
それでも、oioioioichanさまのブログは、「そうなるかもしれない可能性を持った人」に対して注意を促すことになると思うし、影響を受けているだけの人の気持ちをいつか変えることができるかもしれません。
(突出した防御能力の持ち主その人の考え方を変えることは、悲しいながら、できない可能性のほうが高いと思います。すみません)
私もoioioioichanさまのお考えに触れることで、自分自身の態度を省みることを忘れずに、ネットを漂っていきたいです。
またお邪魔させていただきますね。
あと、蛇足ながら。
先日のキャッシュの記事、oioioioichanさまのお考えがよく解り、自分自身もキャッシュについて、いろいろな面から考えてみる機会になりました。
詳しくは、個人的感覚になるので書きませんが、自分の考えを進めるうえで参考になりました。
ありがとうございました。
2006.12.04 Mon 06:15 | URL | 椿
椿さんへ
いつもコメントありがとうございます。
確かに、私に卑怯な中傷をするような人たちは、「意図を理解しよう」などという意思はないのでしょうね。
某A氏本人は理解力もないようですが、そのくせ、仰るとおり「歪んだ防御能力」だけは人並み外れてあるようです。
私信で最初、歩み寄りをしようとして私が自分にも反省すべき点があった、と述べると、ここぞとばかりに責め立てて、やっていない悪事までやったと罵倒してきたのですから。
周囲の人たちも、私が「やってない悪事」をやったと言いくるめられている可能性は高いです。
某A氏自身はもう、治りようがないかもしれませんが、これ以上同様の非常識な人が出ないよう、あと、リアルでA氏と出くわさないように、ひたすら祈るばかりです。。。

キャッシュの件、ちょっと強い書き方の記事だったので恐縮でしたが、お役に立てたようで光栄です。
お互い、ネットに載せる情報には気をつけましょうね。
2006.12.05 Tue 23:06 | URL | oioioioichan
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/tb.php/103-ef411ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

oioioioichan

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。