文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
本当に心底、鉢合わせたくない。
以前の記事の、これ
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/blog-entry-10.html
や、これ
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/blog-entry-42.html
にも書いたが、本当に、某YahooブロガーA氏とは鉢合わせたくない。
私にとって、「身の危険」を感じるからだ。
仮にA氏本人が何も攻撃しなくとも、「勝手にwebに載せる」のだから
その他の第三者から、私が特定されることもありうる。

そして誰かに特定された挙げ句、身体的被害を喰らうこともあるはずだ。
確かに、リアルな世界で暴力行為に及べば犯罪だし、
たいていの場合、犯罪を犯せば捕まって罰せられるだろう。
しかし、犯人が罰せられたからと言って、私の被害が消えるわけではない。
これは仮定の話だが、万が一、リアルでA氏が私を認識したとする。
そして、「逆恨み」から、顔に濃硫酸でもぶっ掛けられたらどうなるか?

そんなことをすれば、勿論間違いなくA氏は捕まるだろうが、
私の顔には醜いケロイドが残り、多分失明もしてしまうだろう。
そうなったらたとえA氏が捕まって有罪になっても、私の人生は
マトモな社会生活が不可能、めちゃめちゃになってしまう可能性が高い
(少なくとも失明したら、職業は失い、自力で生活出来なくなる)。
回復不能の実害をこうむることになるのだ。

あくまでも極端な仮定の話だが、絶対にないとは言えないだろう。
性別年代血液型を私は「公表していなかった」だけなのに
勝手に公開の場で、思い込みで決め付けの発言をし、
その身勝手な行為を私信で指摘しただけで、その逆恨みから私を
「詐称」呼ばわりしたという「輝かしい実績」を持つのだから。
こうしてネットで公開で批判されても、自らの過ちを認めずに
「誹謗中傷」だと言わんばかりの今なら、いったいどうなることか?

反論があるなら受けるので、コメントでもトラバでもしてほしい。
なお、反論がないなら、私の主張を認めたものとして扱わせていただき、
それでも活動場所へ来たら、ストーカー行為として警察に通報する。
そして私の側も、それまでに得たA氏の個人情報(実名を含む)と
今までの「失礼なメール文面」を、此処に公開させて頂く。

何も反論がないなら、公開を了承したもの、及び
私の主張を全て認めたものとして扱う。

話がそれたが、逆恨みによる上記例のような現実の暴力は、
A氏自身でなくとも、第三者や此処で他にも批判した相手などから
私が一方的に特定され、攻撃される可能性がある以上、あり得る話だ。
私信・オフラインで得た私の情報を勝手にwebに載せて開き直ったり、
素性属性に関する「思いこみ」を軽々しくweb公開した「実績」が
A氏に十分にある以上、可能性は高い。


なので、私にも、自分の身の危険を回避する権利があり、

日本国憲法で保障する

「人権保護」の観点からも

「私の活動場所」への出入りは、

固くお断りする。



そして、私の此処での公開批判は全て、この
「リアルで鉢合わせたくない」ことが発端であることを
改めて強調させて貰う。

「普通の、良識あるヒト」に対してであれば、誰であっても、
「私の活動場所に来るな」なんて言う権利は確かにないのだが、
A氏の場合は、こういった「非常識な事情」があるので
私もその非常識度合いにあわせた主張をさせていただいている。
わきまえていず、他人の権利の侵害・人権蹂躙を行っているのだから。

もう一度言う。
私の身の安全確保のため、活動場所には来るな!
出来れば、「共通の関心ごと」も一切辞めて欲しいくらいである。

でなければ一生、私は精神的苦痛を味わい続けるのだから。

ついでに言わせて貰えば、その「共通の関心ごと」は
命を張ってするような種類のものでもあるため、
「責任転嫁・自己正当化主義」の輩にのさばられては困る
という理由もある
ことも申し添えておく。


そして、この記事をもって、某A氏友人のB氏による、
以下の記述による、私への批判コメントへの反論とさせていただく。

>oioioioichanさんへ
>・・あなたがあなたのブログに何を書こうが
>あなたの勝手かもしれませんが、
>『私の活動場所に出入りしたら実名公表に応じるということと解釈?』
> 少しおかしいように思います。
>人が何処に行こうと人の勝手でしょう?
>其処まで言う権利は誰にも・・ないでしょう?
>2006/11/1(水) 午後 7:15


私には、そう主張するだけの権利があることはこの記事で述べたし、
他人のプライバシー侵害と法令違反をしない限り、何を書こうと
自由であることは再度主張させていただく。

なお今回で年内最後の投稿、次回は1月の2週目になる見込みである。

スポンサーサイト
| Yahooブロガーへぼ氏の非常識 | 23:54 |
| ホーム |

プロフィール

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。