文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

Yahooのファン限定機能の有効性? | main | 鉢合わせそうで、こわい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
居場所を知らせるのは、キケン!?
毎日頻繁にブログ記事の更新をされている方でも、
旅行や出張、あるいは帰省や検査入院などで、
事前に一定期間不在にすることが分かる場合が、
どうしてもでてきます。

そのとき、「不在である」と、自分のブログで予告・公開することは、
状況によっては、結構キケンではないか?と。
不在中に、自分のブログに迷惑行為・アラシ行為をされることだって
あり得るのです。
ましてや、旅行のような場合で、期間や行き先を事前に公表すると、
悪意のある人が、その場所へ出没する可能性だってあります。
考えすぎかもしれないのですが。。。。

実は、Yahooでのお友達で複数の方が、居場所を事前に予告し
その方のブログ仲間達とオフ会状態になった、という記述を
何回か見たことがあります。

また、「この時はここに居るから、会いに来てね」みたいな
記事を目にしたこともあります。

たまたま幸いなことに、今まで目にした範囲では、
私のお友達たちは、好意的な読者さんに囲まれ、
楽しいオフ会になったようでした。

モチロン、ブログをやっていて、このようにお友達が出来、
そのお友達と現実でもお会いして楽しいひと時を過ごす、というのは、
ブログが普及し、自分のブログも充実し始めてから初めて味わえる
醍醐味のうちではあります。

一切、事前に予告はしない、という主義にすると
そういった醍醐味を味わえる可能性も、当然ながら激減します。

しかし、くどいようですが、
閲覧制限をしていない限り、ブログは公開の場で、
どんな「あくどい」人でも、その予告を見ることは出来ます


お友達が増えて、ブログ内での交流が活発になると
ついつい、「公開の場」であることを忘れがちになりますが
(な~んて、エラそうに言っていますが、自分自身も経験があります^^;;)、
いつ、悪意のある人が、予告記事を目にするか分からないのです。

また、私自身もそうですが、ちょっとした行き違いで
それまで仲良くしていたブログ友達が、掌を返すように
急に「悪意のある人」になることだってあるのです。
私以外にも、Yahooのお友達でそういう目に遭い、
閉鎖したうえにHNを変えて、他社に移転した方がいらっしゃいます。

なので私は、醍醐味を味わう可能性が激減しても
全てのブログで、原則として予告しない主義にしたのでした。

この判断は、どちらが正しい、というものではありません。
多少リスクがあっても、折角の醍醐味を味わいたい、というのは
立派な考え方だと私も思います。
ただ、「居場所を予告」した場合には、悪意のある人にも
待ち伏せされる危険性があることは、覚えておかねばなりません。

個人的には、不在にするときには、御馴染み様には「私信」で
お知らせしておく方が無難だと思っています。

そういう意味では、他の方との交流を重視したい方は
「私信」が可能な運営会社でブログを開設した方が良いでしょう。

ちなみに、「私信」が送れるブログは、私が知っている限りですが
以下のようなところがあります。
Yahoo、エキサイト、FC2では「内緒コメント」がOKで、
楽天では、「私書箱」というのがあります。
gooでは、「gooID@mail.goo.ne.jp」で、ブログ主のメルアドになるので
自分のメルアドが知れても良いのなら、私信は可能です。

スポンサーサイト
| プライバシー問題関係 | 01:36 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/tb.php/12-e2109c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。