文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
検索結果から外された。
先日の記事に、今は無き128番記事こと、
「八甲田の雪崩事故で。。。。」を書いて公開してから数日後、
この記事がwebの検索結果から外されたようだ、と書いた。

実際、気付いた時点では、アクセス解析に残る検索条件で
幾ら探してみても、候補にあがってこなくなった
のである、
少なくとも、最初の100件以内には。。。。。

事情は分からないながらも、もしかしたら、この雪崩事故に遭遇し
恐怖を味わった方の目に触れ、ご不快な思いをさせたかと反省し、
単に一般論ではなく、ハッキリと某YahooブロガーA氏への批判である、と
手直しした記事をあげなおしたのである。

ところが。


ところが更にその後また、少なくともYahooのweb検索サイトで、
検索結果にあがらなくなってしまったのである。
それも、八甲田事故に触れた記事だけでなく、このブログの全てが。


例えば、検索条件を、このブログのタイトル
ブログでの不愉快な経験」としてYahooの検索にかけても、
何故か、このブログが出てこない。少なくとも、最初の50件までは。
そして何故か、Seesaaに放置中のミラーブログが引っかかるのである。

よっぽど多い・ありふれたタイトルのブログで無い限り、
ブログ名で検索して当該ブログが最初の50件以内に出てこない、
なんてことは、普通はありえないのではないだろうか。

他にも似たような例がある。
「oioioioichan FC2」でYahooの検索にかけると、
普通なら、このブログがトップに出るとしか考えられないが、
Seesaaのミラーのほかは何故か、
ekkenさんをはじめ、私のブログ記事にリンクした方の記事のほうが
先に掛かり、私のこのブログは全く出てこないのだ。

こんなことがあるのだろうか。。。
確かに、「google八分」なる言葉も存在するようなので、
何らかの事情があればYahooでも、検索結果から外されることはあるのだろう。
また、Yahoo以外でも検索に掛からない、または妙に順位が低いものも
出てきているようだ。

しかし何らかの意図がないと、普通はこういったことはないのではないか。
では、「何らかの意図」とは何だろうか?

今回のこの検索結果外し工作は、
私のこのブログが、検索結果に引っかからないことでメリットがある、
もしくは、私のブログが検索に掛かることでデメリットがある人間が
どういう手続きを取ったのかは知らないが、行動に出たと見るのは
自然な流れではないだろうか。
少なくとも、此処のブログの内容が気に入らない人間が、
何らかのアクションを起こしたに違いないとは思うのだ。

此処を気に入らない人間とは?私が考えるのは3通りある。
まず、私がこのブログで批判した相手そのもの。
次に、このブログを読んで何か思い当たるフシがあり、
本来は直接関係ないはずなのに、逆恨みした人間。
そして、批判するうえで引き合いに出した、実例の関係者である。

ちなみに、今まで引き合いに出した例とは、
・マスコミ関係者の盗撮事件
・健康食品販売者の不適正広告
・ファイル交換ソフトによる個人情報流出
・八甲田の雪崩事故
の4件ある。
このうち、最後の事故については違法性が少ないと思われるため、
かなり異質であるが。
それもあって128番記事は、少々手直しをしてあげなおしたのだが。。。。

それでも、今度はこのブログごと、外されてしまったようなのである。

よく分からないけれど、最も可能性が高いのはやはり、
私が此処で批判した相手そのものではないかと疑ってしまう。
少なくともそういった相手は、此処のブログが検索に掛からないと
明らかにメリットがあるはずだからだ。
新たな閲覧者の目に、批判相手のDQN振りが知られる機会が
著しく低くなれば、必要十分にメリットだろう。

実際、Yahooで検索に掛からなくなったことにより、
また、128番記事がgoogleでも外されていた間、
検索により此処にたどり着く方が激減してしまっている。

こういう状況になって、得をするのは誰だろう???
名指し批判をしていなければ、誰のことだか分からないのだから
メリットは少ないと考えられるが、名指ししている相手ならどうか?

名指ししたことのある相手も二人居るが、そのうちのお一方は
一応謝罪記事を公開されているので、一定の歩みよりはあったはず
(ちなみにその方は一旦ブログを削除されたが、いつの間にか再開し
 再開後のブログに再び、私への公開謝罪が載っている)。

となると。

勿論、言うまでもなく証拠はない。
しかし、現時点では、私のブログの検索外しをして
得をする人間が「へぼ氏」しか居ないように思うのだ。
もし違うのであれば、もしくは、他にも可能性の高い人物が居れば
お知らせいただきたい。



此処から先は、検索外しをした輩がへぼ氏だとした場合の仮定の話。
2chへの事実無根中傷と同様に、想像でしかないのが悔しいのだが、
もし、もし、私の推測が正しいのなら、ホントに卑怯な輩である。

私はへぼ氏に対し、堂々と、手元に証拠のメールをそろえた上で、
公開の場批判し、謝罪と意識改革を要求してきた。
しかし、向こうはどうなのか?

証拠を明らかにせず、あくまでもコソコソと、
自分に都合の良いように陰で、中傷やら、検索外し工作やらをする。
そして、私の苦情申し出は、自分に都合悪いからと無視。

もしこの推測が正しいなら、心底、悪意の塊なのだな。
こんな奴がこの世に存在生息していること自体、許せない気分である。

そして悔しいことに、確実な証拠がないために、
こうやっていくら推測の根拠を書いても、悪意ある人から見れば
「思い込みだけの記述をしている」と批判を浴びかねないのは
私のほうだ、と言うことだ。
本人はこっそり2chやコソコソ工作で高みの見物だというのに。

こんな理不尽なことがあるなんて、本当に、悔しい。




スポンサーサイト
| Yahooブロガーへぼ氏の非常識 | 00:17 |
| ホーム |

プロフィール

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。