文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

どれだけ傷つくか、想像が付くのだろうか? | main | まだへぼ氏は、かの地へ行きたいのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
プライバシー侵害で受けるダメージ、その2。
私に悪意丸出しの、某YahooブロガーA氏は勿論だが、
ネットで発言をしている全ての方に、今一度お願いしたい。

他人・知人のプライバシーを、勝手な判断で、
誰の事を言っているか分かる形でwebにあげないでほしい。
一方的に晒された人間が、どれだけ不快な思いをするか。。。。
晒された内容次第では、その後の人生さえ変えられてしまうことも、
ちょっとは想像してみて欲しいのだ。

ネット上のプライバシー侵害行為は、人をズタズタに傷つけて、
状況によっては酷いトラウマをも抱える。

私は、A氏に開き直りの逆切れをされたことで、
すっかり、ネット知人不信になってしまった。。。。


何よりも、プライバシー侵害行為や個人情報晒しの場合、
単に「ネット上の不愉快」だけでは済まなくなる事が多い。
多分多くの場合は、「閉鎖せざるを得なくなる苦痛」も味わう他にも、
実生活でも、怖い思いや損害を受ける可能性が高いのだ。
ブログを閉鎖した後でも、その影響は一生ついて回りかねない。


例えば。過去記事にも書いたが。

職業情報を勝手にバラされると、妙なことで逆恨みしてきた相手から、
勤務先や取引先などに悪意ある中傷情報を流され、
勤務先からの処分や、お得意様からの取引停止になることも。。。。

個人情報が第三者から暴かれたことがきっかけで、
配偶者や婚約者に、匿名にしていた自分のブログを見付けられ、
ブログだけに書いた「知られたくないこと」が筒抜けになってしまい、
最悪、離婚や婚約破棄にまで及ぶことも。。。。

もしこんなことになったら、単にweb上だけの問題ではなくなり、
ダメージはそのあと一生ついて回ることになる。
場合によっては、ブログ主の家族や同僚さえも巻き込むのだ。

幾らブログ主が、自分では気をつけて記事を書いていても、
第三者が勝手に暴いたら、全てが壊れてしまう。



勿論、どんな情報を「プライバシー」と呼ぶかは
人によってだいぶ解釈が違うし、その影響も様々だ。
自分が気にしないことには確かに、中々気が廻りにくいものだ。
しかし、ブログ主が「自分のそのブログで触れていないこと」は、
他人から見るとどんなにどうでも良いように見えたとしても、
プライバシーであることは考えて発言して欲しい。

少なくとも、自分が気にしないからという理由で、
他の人も「気にするはずが無い」と断定して掛かり、
相手が触れていないことをワザワザ書き立てる真似は
ネット上で、やってはならないことではないだろうか。


自分ではネット上で敢えて非公開にしていた自分自身の事を、
勝手に、一方的に、公開の場で暴かれたり断定されたりすることは、
その内容を問わず、大きな精神的苦痛となるのである。

前述のように、その内容次第では、その後の人生さえ変わりうる。

そういった、想像力のない者は、ネットでの発言を控えるべきだと、
A氏の独断で勝手にプライバシーを暴かれた被害者の私は
強く思うのである。。。。

自由を謳歌するには、責任が伴うのだから。


スポンサーサイト
| プライバシー問題関係 | 23:05 | トラックバック:0コメント:2
コメント
よくわかります
>ネット上のプライバシー侵害行為は、人をズタズタに傷つけて、状況によっては酷いトラウマをも抱える。

その通りです。
僕はこうした問題を啓発したいと考えています。
実際に、こうしたケースが後を立たず、意図的に攻撃する側に、とても陰湿な悪意があることが多いのです。
僕は、こうした被害はかなり多いと見ています。
自分のブログでは、なるべく発信していきたいと考えています。
お気持ち、お察ししますよ。
がんばって!

http://walkingmusic.blog12.fc2.com/
2007.05.28 Mon 17:53 | URL | YASUMURA
YASUMURAさん、コメントありがとうございます。公開が遅くなりまして、大変失礼しました。
そう・・・・私の場合、たまたまA氏からプライバシー侵害・個人情報晒しを受けましたが、悪意の有無に関わらず、こういった被害はかなり多いものと思っております。
特に、気に入らない相手ブロガーを黙らせたいがために、そのブロガーがブログ上で触れていない素性関係を叩き、場合によっては差別発言までして追い込むケースもあると思います。悪質です。。。
ブログでの主張発言そのものと関係ない部分での攻撃は、本当に卑怯です。
また、仮に元々は悪意がなくとも、当事者がwebであげていない内容を勝手に第三者が暴く、というのは許しがたい背信行為だと思います。
少しでもこのような不愉快がなくなるよう、私も引き続き発信していくつもりです。
2007.06.01 Fri 22:18 | URL | oioioioichan
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/tb.php/143-b644a74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。