文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
言論封殺、または逆恨みが怖い。
先週の記事で触れた、前長崎市長の伊藤一長さん(※)は、
周知の通り、銃撃されたあと結局、帰らぬ人となった。
今頃ではあるが、私もささやかながら、ご冥福をお祈りいたします。。。。

(※注:ここでは、一般人の実名は原則出さないが、
 政治家、芸能人・作家・漫画家の芸名筆名、プロスポーツ選手に限り
 記事記述・表現上必要があれば表記する。)

しかし、本当に恐ろしい。
選挙運動中に、候補者それも現職の首長が、
背後から撃たれるとは、異常さ卑劣さの際立った事件である。

本来ならば、「選挙活動」というのは、
最も表現の自由・思想の自由が保障されるべき場面ではないか。
私のような零細ブロガーが、チマチマとブログに書くよりもさらに
表現の自由への保障度合いが大きく、社会への影響もある場面だ。
それを、背後から銃で撃ち黙らせるとは。。。。。


勿論、どのような動機背景があったとしても、
「背後からの銃撃」という卑劣な行為が許されるわけではないが、
法令で銃の使用が厳しく制限されているこの日本で、
銃による表現の自由を蹂躙する事件が起こるとは、驚きに言葉も無い。

もっとも報道された範囲では、伊藤さんを撃ったのは暴力団員で、
過去の交通事故での市の対応に恨んでの犯行とされている。
報道を見聞きした限り、殆ど「逆恨み」のようなものだ。
そしてこの動機は本当に主な動機なのだろうか?という疑問はある。

しかしこの動機が言論封殺であっても、逆恨みの言いがかりであっても、
理不尽かつ卑劣な攻撃であることには全く変わりない。
また、私が最も憂うのは、
気に入らないものを銃で撃てる世の中になってきていることだ。

実際、更に不幸なことに、長崎市長銃撃事件のあと、
僅か10日ほどの間に、他にも複数の発砲事件が発生している。
ハッキリ覚えていないが、関東で2件、和歌山や北九州でもあり、
これは相当の発生件数ではないかと思う。

簡単に、銃で撃てる。本当に、恐ろしい。



そして、言論封殺や逆恨みと言って、自分自身が思い浮かぶのは
やはり、私に悪意あるYahooブロガーへぼ氏のことである。

私は此処のブログで、へぼ氏が行った私への迷惑行為を
名指しで、具体的に、部分的には私信の内容も公開して批判してきた。
こういった批判をwebにハッキリ書く私は、へぼ氏にとっては
「黙らせたい相手」であることも確かだと思う。

実際へぼ氏には、明確な証拠は無いとはいうものの、
2chへの中傷書き込み疑惑やYahoo八分工作疑惑さえ考えられている
(その理由は、過去記事に書いているので今回は省略する)。

そして正にへぼ氏は、私が年代・性別・血液型不詳でブログをやっていたのを
逆恨みから「詐称」と罵った人物でもある。

まるで、暴力団の言いがかりとそっくりなのだ。

伊藤さんを撃って現行犯逮捕された容疑者は、
長崎市の指導工事現場の不備で、事故って車が壊れたと主張し
修理代を執拗に請求していたという。
他にも、市の公共事業から外された、融資が受けられなかったなど、
第三者から見ると正に暴力団の言いがかりにしか見えない理由で
犯行に及んだ、とされている。

言いがかりにしか見えない理由で、気に入らない相手に銃を撃ち放つ。
それが、もう、今の日本では、可能になってきていると思うと、
私は心底身震いがする。

当然ながら、へぼ氏が暴力団関係者だという証拠はない。
たぶん、いくらなんでも違うだろうとは思いたい。
しかし反面、やはりへぼ氏には今のところ、
「暴力団とは一切つながりが無い」という証拠だって無いのである。

これが、どういうことか・・・・考えると恐ろしい。

想像力が欠如している、と、私はへぼ氏を批判してきたが、
そういう私自身も、想像力が足らなかったと今、恐怖におののいている。
へぼ氏が、暴力団並みの悪だとまでとは考えられなかったのだから。

スポンサーサイト
| Yahooブロガーへぼ氏の非常識 | 00:44 |
| ホーム |

プロフィール

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。