文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
突然のブログ閉鎖と別れ、更新停止が増えている。
今回の主題は、「悲しい思い」への愚痴である。
副題として、Yahooブロガーへぼ氏批判もあるにはあるが。。。


私が、現在の自分のYahooブログを更新停止してだいぶ経つが、
それでも初代ブログ時代から、ときどき交流していた方や、
こんな私にもファン登録してくださった方も、何人かはいらっしゃる。



しかし最近、私のYahooブログで、お互いにファン登録していた方が、
なんと3人も、ブログを突然閉鎖されていたことに気付いた。
つまり自分の「ファン数」が、更に3人減ってしまったのである。
もっとも随分長いこと私も、自分のYahooブログを放置したし、
他社移転したのを言い訳に、Yahooでは
すっかり、ブログ友人やファン登録くださった方への訪問も、
長いこと、しないで過ごしてしまったので、
実際には閉鎖直前に一定の期間、アナウンスが有ったのを
気付かなかっただけかも知れないのだが。

そのうちのお一人は、以前から他社ブログも並行されていて、
結局他社のほうに絞られたようにも見えるので、まだ安心してはいるが、
あとのお二人は、とても気掛かりである。。。。


また、更に大変ショックなことに、
現在の自分のYahooブログで、最も多くコメントを下さっていた方が、
なんと先月、お亡くなりになったそうである。
共通のブログ友達から、先日メールで知らされた。
今はただ、その方のご冥福をお祈りするしか私には出来ない。
現在そのブログは、ご遺族の方が管理されており、
閉鎖はしないそうだが、もう更新されることはない。。。。。

本当に、悲しい。


そして、その方の訃報・更新停止とともにちょっと気になるのが、
やはり相互ファン登録済みの方で、闘病中と公言されていた方2名が、
ず~っと長い間更新されず、放置されていることである。
元気でいらっしゃるのなら良いのだが、心配である。

そして理由は分からないが、長期放置されている友人も複数いる。
変な輩に絡まれたと私に私信で知らせ、更新停止している友人もいる。


そんなこともあったので、徐々に、段々、
私のYahooブログの友人が確実に減ってきている。
更新停止も、訃報も、突然閉鎖もあって、かなり悲しいのである。
そう言う自分自身だって他社移転して、Yahooでは更新停止し、
あまりYahoo内の巡回もしなくなっていることは確かなのだが。


しかしながら実はこのために、よりによって思い出したのが、
私に迷惑行為を続けたYahooブロガーへぼ氏が、
まだ私と親しかった頃の2005年6月に書いた、こんな記事だ。


あなたのお友達は生き残っていますか? ブログの1割弱が閉鎖
2005/6/28(火) 午前 8:21


以下、最初の部分を引用である(改行、リンク表示のみ改変あり)。

-----
>例によって,また一日仙人さんの一日仙人新聞から
http://blogs.yahoo.co.jp/bakaure_ad_rd
>ネタをいただきました.
>いつも興味深い記事をどうもありがとうございます.

>100人中9人がブログを閉鎖する現実とは?!
>詳細は,原典を当たってください.
http://blogs.yahoo.co.jp/bakaure_ad_rd/5487332.html

>私自身,ブログを始めて右も左も分からなかった頃に,
>懇意にしていた方が何の前触れもなく,
>突然ブログを閉鎖されて連絡が取れなくなってしまったことがあります.

>まぁブログを開くも閉じるも,その人次第です.

>しかし,当時コメントをやり取りする数少ない方と,
>突然連絡が取れなくなるのは,本当に寂しいことです.

>そこで,「へぼ」に関係のある方々の場合はどうなんだろうと思い,
>独自に調査してみました.
>調査方法は,一日仙人さんと同じ方法です.

>「へぼ」日記にコメントしてくれたブロガーの記録からの
>閉鎖ブロガー数を割り出しました.
>「ブログ設定」→「統計」→「コメント・トラックバック」で
>自ブログのコメント統計が分かります.

>結果
>コメント総数:588
>自分によるコメント:317
>いただいたコメント数:271

>書き込みブロガー数:71(100%)
>閉鎖ブロガー数:6(8.5%)          (6月27日調べ)

>予想に反し?,一日仙人さんの調査結果と近い結果が得られました.

~(以下略)~

--------


へぼ氏とて、知人ブログの突然閉鎖は悲しかったようで、
実は当時、共通のブログ知人が突然閉鎖し、心配した経験を
共有したところだったのを記憶している
(だから今回、この記事を思い出してしまったのだ)。
しかも驚くことに、なんと、この記事には当時、
共通の友人だったB氏と私が、こんなコメントをも残している。


-------
>最近は・・自分の生存が・・危ぶまれますなぁ~
>最近・・他に移った人・・ 嫌がらせに?あった人・・
>忙しさに閉鎖した人・・
>なんにしろ・・突然居なくなると・・淋しいのは同じ・・
>学校のお友達が突然・・転校していった時みたいな・・
>気持ちですぅ~ わかるかなぁ???
> 2005/6/29(水) 午後 10:16  B

>B様.「へぼ」もいつまでブログにかまけてられるか,
>正直なところ分かりません.
>万が一,ブログを辞めることになっても,
>消える前のご挨拶くらいはしたいですよね.
>って,まだしばらくは居座るつもりだけど.
> 2005/6/30(木) 午前 8:42  へぼ

~(中略)~

>今日、3回ほどB様のブログにアクセス挑戦したのに、
>固まってしまいました~。。。
>折角お友達?になれたのに~。。。。
>しかし、「嫌がらせ」って聞くと、突然閉鎖並みに悲しいですねぇ。
> 2005/6/30(木) 午後 11:52  oioioioichan

>↑お疲れ様ですぅ~ ご訪問ありがとうございますぅ~
>嫌がらせ? 実にひどい話でしょ??
>たぶん・・昨日までのブログ友が今日のストーカーに変身??
>・・ みたいなお話ですぅ~
>たぶん・・個人情報をばらすぞぉ~~みたいな脅し??
>でも・・へぼさんが・・人間じゃぁない?って言う事は・・
>内緒にしておきます~ あれ~ばらしたん?? きゃぁ~~
> 2005/7/1(金) 午前 7:10  B

---------


なんとまあ、B氏の2つめのコメントには、今更ながら驚いてしまった。
「昨日までの友が、ストーカーに」とは、まさに
へぼ氏と私のトラブルを、予告しているかの如くである。

実際私は、A氏に個人情報をwebに公開されたし、
私の側も結局此処で、へぼ氏からのDQNな私信の一部を公開している
(私には言い分があるが、過去記事に散々書いているため今回は略)。

お互いに相手を「ストーカー」扱いするようになってしまったし、
結局私は、初代ブログも閉鎖する羽目になってしまった。

本当に、悲しいことである。


なお、この記事を準備している間に、なんと、へぼ氏も、
過去記事を全部非公開に移すか削除し、閉鎖宣言をし始めたようだ。
トップページには「記事がありません」の表示しかなく、
アカウントはあるものの、他のページには飛べなくなっている。
しかし当然ながら、今のところ私に何も謝罪も挨拶もない。
それこそ上記のように、2005年の6月には
「消える前のご挨拶くらいはしたいですよね.」
と書いていたにもかかわらず。。。。

何があったのかは知らない。
しかし、まるで私だけがストーカー扱い、というのでは、
正直言って、納得出来ないものはある。
まあただ、逆に向こうからストーカーとみなされることで、
「例の活動関係」で、もう絶対に出くわさないで済むのであれば、
喜んで私は受け入れるが。


ただ、これだけは言わせて貰う。
信頼して私信で伝えた内容を、勝手な独断でwebに挙げ、
恐怖と不快感、トラウマを私に与え続け、更には
やってもいない悪事の言いがかりをつけて自らを正当化した
「ストーカー」は、へぼ氏のほう
である。

そしてへぼ氏は、自らのweb上の発言に一切責任を取らず、
私だけを悪者にして、逃げるようにブログを閉鎖する、
卑怯な輩なのである。

私が、態度が改まるまでは「出くわしたくない」から、
自分の活動場所に来ないでほしい、と主張しても、
とても受け入れることはできません.
と、あくまでも自らの欲望を通すような、自己中なのである。


なお、へぼ氏はもうブログ閉鎖準備に入ったようなので、
上記引用記事へのリンクは意味をなさないため、外した。
今後、へぼ氏のHNとブログが存在しなくなるようなら、
どう表記するかは迷うところである。
流石に、最近記事にもしたが、実名表記は少し躊躇われるので。
というか、へぼ氏の場合に限れば、自分の「切り札」でもあるので。


いずれにせよ、
希望と期待に燃えて開設し、思い入れもあるブログを、
閉鎖するとか、更新出来なくなるのは、悲しいことである。
そして、自分が親しくしていた方が、そういう事態になることも、
悲しいことには間違いないのだ。


このたび、親しかった方がお亡くなりになったこともあり、
つくづく、友をうしなう悲しさが身に染みた。


へぼ氏は、今でも本当に他人の悲しみや苦しみが分からないのだろうか?
だとしたら、決して、別HNでブログをやり直すなどの真似はせず、
一切、ネットの世界から足を洗っていただきたいものである。
そして、私と出くわす可能性のある区域・場所には、
絶対に、一生、出入りするな、と改めて主張させてもらう。


しかし、蛇足ながら、
大元をたどれば、へぼ氏だって、かつては「友人」だったのだ。
だが、へぼ氏の一方的な判断で、プライバシーを暴かれてから以降、
友人ではありえなくなってしまったのだ。
これも、別の意味で「友をうしなった」ことではある。
私は勿論、へぼ氏の身勝手さには非常に立腹しているが、
改めて上記引用の過去記事を見て、「悲しくなった」のである。

現在、それこそ、へぼ氏の態度が根本的に改まらない限り、
勝手にwebに載せられる恐怖からは私は一生逃れられないのだから、
その辛さには耐えられない、だからへぼ氏には早く死んで欲しい、
とまで、つい思ってしまう私だ。
しかし、ここまでこじれたのは、本当に、「悲しい」ことなのである。


へぼ氏の態度が改まることを願ってはきたが、
もう、何を言っても無理なのだろうか?


そして、私もYahooブログでのお友達がどんどん減っていき、
また、いつwebに晒されるか分からない恐怖もなくならないため、
Yahooには本当に戻れなくなっているのかもしれない。
悲しいことだ。


スポンサーサイト
| その他の愚痴こぼし | 21:43 |
| ホーム |

プロフィール

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。