文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

アルペンルート・立山。 | main | 不愉快な検索されたら、公開することもあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
やはり、ブログへの実名表記は避けるべきでは?
最近、「ウェブ魚拓」なるものがあるらしい。


『ニュース記事を引用するためにリンクを張ったら、リンク先の記事が削除されてしまった。 後から読みに来てくれた人には意味が伝わらなくなった』というような事態を避けることができます。


という解説がある。
ニュース記事などのweb情報が削除後も、残すためのものらしい。


しかし、もし、こういったものが普及するのであれば、
たとえ時限公開であっても、ニュース記事引用のブログ記事に、
他人の実名などの個人情報プライバシーを書くのは、
やはり避けるべきではないか?と思う。



このウェブ魚拓だが、実は私が気付いたのは、
自分自身の記事が魚拓されたことがきっかけであった。
今は訂正した記事だが、このシステムで訂正前のものが
どうやら保存されたようである。

修正したのだが、修正前のものもwebに残る、というわけだ。


確かに、「ブログ主が自らwebに公開した情報」であれば、
このようなサービスで保存されるのは、ある意味自らの不始末である。
実際、webの情報をローカルに保存することは自由だし、
魚拓のほうも、合法的サービスとしてやっているなら
単に「保存するだけ」では、通常なら問題にならない。


ただ。
当事者が自ら載せたのではない情報」がwebには存在する。
そのような、第三者が勝手に公開したものを更に他人が保存した場合、
大きなプライバシー侵害になる
、と私は思う。
例えば、ニュース報道記事のコピペのような記事で、
関係者の実名や年齢が書かれているものの場合だ。

また、どっかの誰かのように、
メールで伝えたはずの私信情報を、勝手に公開の場に載せる輩もいる。

第三者が勝手に書いた、自分の個人情報非公開プライバシーを、
魚拓され保存されるのは、ちょっと許せないと思う。


ニュース報道としてマスコミが書いた、事故や事件の被害者情報を
匿名ブロガーがwebに書き、更に他の第三者が魚拓する、という構図は
相当に怖い。


事件事故は、誰でも巻き込まれる可能性がある。
八甲田や積丹、立山の「雪崩」なら、雪を避ければ逃れられるが、
地震等の天災、交通事故や爆発事故などは、
誰にでも巻き添えになる可能性が均等にあるのだ。


例えば、昨日、温泉施設での大規模な爆発事故が起き、
やはり複数の死傷者が出た。
怪我をされた方の中には、正に通りすがりの通行人がいらっしゃるし、
報道ニュース記事は、犠牲者の方の実名と年齢を発表している。


ただ、私はごく最近思ったのだが、
亡くなられた方は実名と年齢が報道で発表されるが、
怪我をされた方は、年齢だけで済ましていることが多いようだ。
昨日の爆発事故でも、全部の報道記事は見ていないが、
私が確認した10記事くらいの範囲では、けが人の実名はなかった。


もしかして、マスコミ側が、ニュースコピペブロガーや
ウェブ魚拓サービスが、あとあとまでネットに残すことを配慮して、
命が助かった方の実名は記さない方向にしたのか、とまで
想像してしまうくらいだ。


魚拓自体は、必ずしも悪いこととは私も思わないが、
個人情報晒し・プライバシー侵害記事が、webに長期間残されるという
可能性を高めているような気がして、かなり怖いのである。


また、ブロガーの間違い・ミスを、本人が謝罪訂正した後も、
ネチネチと後々まで責め立てるような輩が出そうでもある。


悪いことではないものの、マナーが必須なサービスではあろう。
しかし、他人の個人情報を、勝手に暴く輩がwebに居る限り、
また、他人の嫌がることを敢えて行う輩が居る限り、
怖いサービスに思えてくる。

実際私は、その両方のパターンに遭遇しているので、
余計怖く思えるのかもしれない。


そしてやはり、ウェブ魚拓が普及するなら、
時限公開記事でも、ニュース報道記事のコピーで
一方的に他人の実名等を晒すのは止めて欲しい
と思うのだ。


最後になったが、昨日の爆発事故で
お亡くなりになった方には、お悔やみ申し上げます。
また、怪我をされた方の、早い快復をお祈り申し上げます。



スポンサーサイト
| プライバシー問題関係 | 23:33 | トラックバック:0コメント:2
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007.06.22 Fri 02:36 | |
内緒さまへ
内緒さま、大変丁寧で、率直なご意見をいただき、どうもありがとうございました。礼も尽くしたコメントに感謝申し上げます。

私の記事で、不愉快になった関係者の方(と言っても勿論、様々な立場事情の方々がおいでということは私にも分かります)がいらしたとのことで、大変申し訳なく思っております。
ただし、私も大元は、関係者の全員を心配しての記事であることや、私にも意図主張あってのブログでもあります。
ご指摘は真摯に受け止めるべきで、私にも更なる配慮が必要だと思いますが、改めて後日、少し考え直してから、お詫びとお願い、説明を兼ねた記事をあげる予定です。
あと数日、考える猶予をくださいませ。

あと、検索の件ですが、こちらのほうも大変丁寧なご報告、ありがとうございます。
私への反論目的にも関わらず、意図を正直に書いていただき恐縮です。こういった、真っ当な反論であれば、悪意とはみなしませんので、どうかご安心ください。
検索自体は勿論、閲覧者も誰でもに原則として「知る権利」がありますので、止める権利はありません。なので私も、意図や立場の分かる方で、悪意(侮辱や個人情報晒しなど)でなければ全く問題ないと考えております。
あなたさまのような、礼をわきまえた方ばかりなら、私も安心できます。改めて御礼申し上げます。

なお、此処のブログは、へぼ氏への抗議を発端とし、今もそれはありますが更に大きく構え、ブログでのプライバシー問題=人権侵害をメインテーマにしております。
コメント頂いたこの記事は特に、私が例の事故を検索して感じたことが発端となる、個人匿名ブログによる第三者の「実名表記問題」を書いております。ご理解いただきたくお願いいたします。

追伸:
FC2が今日は重く、内緒コメントの表示が最初は出ませんでした。一瞬ですが公開レスになってしまいましたことをお詫びいたします。
2007.06.25 Mon 22:04 | URL | oioioioichan
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/tb.php/163-9522520e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

oioioioichan

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。