文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

ぶうさんのブログにコメントしている方の批判などしていません。 | main | 遭難事故・死傷事故を書いた際の違和感について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ぶうさんへのレス。
今回の記事は、前々回の記事
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/blog-entry-165.html
にいただいた、ぶうさんへのレスになります。
そういった意図のため、当該固有名詞を挙げておりますがご容赦ください。


レスのコメントでも軽く触れましたが、ここでは詳細を述べます。

私からの希望ではありますが、次のコメントで終わりなどと言わず
もう少し、話し合いが出来ないものか、と思っております。
ブログも少し拝見いたしましたが、細かな点では意見の相違はあっても
根っこ・本質的なところでは、共通の主張もあるように見えました
(なお、私は過去になりすまし被害を受けた経緯があるため、
 今はなるべく、コメントは残さないようにしております)。
また、不愉快になられたという知人の「誤解」を解くための
キーパーソン
にも思えます、よろしくお願いします。


念のため、ぶうさんと、今後関わりたくないとは思っておりません。
関わりたくないような相手というのは、以下のような行為をする相手であり
ぶうさんは該当しない、と信じておりますので。

ブログ主がネット上に公開していない情報の一方的な公開
 (私信、オフライン情報、閲覧制限場所に書いた情報など)
ブログ主が公開していない属性を、勝手に決めつけて公開
 (年齢などの非公開情報を「公開の場で断定」すること)
・事実無根のでっちあげ中傷
 (公開の場での中傷、または私信でも「繰り返し」言いがかりをつける)
・差別発言による侮辱
 (年齢や国籍など、本人の努力で変えられない属性を叩くこと)

ちなみに、へぼ氏は最後以外の3つに該当しております。


私の書き方が不足していたようで、大変恐縮ですが、
へぼ氏が雪崩事故と全く関係ない、と決め付けることとか、
因果関係のないことを引き合いに出すべきではない、というご意見などは
いわば「見解の相違」とか「異なる嗜好」だけの話であり、
今後一切関わりたくないと思うほどの、決定的な迷惑ではありません。

両者に関係がない、と思うのは、確かに閲覧者側の自由でもあります。
感想を述べるだけで他人の言動に関与しないなら、全くの自由です。
まあ、正直申し上げて、視野が広くない方なのかな、とは思いますが、
だからと言って即、切り捨てることは私もしたくありません。


それに、何か特定の事項を、不愉快だから「書くな」(or「書け」)と
強制されるのは不愉快ではあり、その旨は強調しましたが、
私は総合的に考えて、自分の主張に必要なら、やはり書かせていただきます。
「総合的に考え」る際に、なるべく、知人の方のご意見を含めた多様な状況を
考慮するよう努力するだけなのです。


なお。再度強調いたします。
偽りなく私はホントに、各種事故関係者の方を心配しています。
正直言って、傷ついた人が居ると聞き大きなショックを受けております。
自分にとってはむしろ、事故に関わった方の「思いを汲みたい」からこそ
書いた記事
なのです。


此処で取り上げたのは、へぼ氏のような自己中な輩が、
単に私の関心ごとの活動場所関係だけでなく、
八甲田や立山その他リスキーな場所で、まず自分の欲望だけ通し、
何か問題が起きたら責任転嫁する、という構図を
絶対に避けたい、という強い意志で問題提起したつもりでしたから。
関係者と言っても当然ながら、色々な方がいらっしゃいますが、
その方の場合一体何が気に入らなかったのか、正直知りたいとも思います。
プライバシー的に差しさわりの無い範囲で、ぜひお知らせください。

実際問題、何が不愉快だったのか分からないと、
今後配慮のしようがありません。
ただ、もし「へぼ氏とは全く関係ないから」という理由であれば、
それは誤解で、解釈の違いである、と再度強調させていただきます。


で、「悪意を持って読んでいる」と考えているか、の問いかけですが。。。。


確かにぶうさんが、悪意の塊だとはさすがに思えません。
丁寧な文体、謝罪を行うなど謙遜された態度は、
悪意がまず前面にあると難しいと思います。
ただ、貴ブログ閲覧者を含むぶうさんの「周囲」には
私に悪意を持った人がいるのでは、と心配しております。

また、正直申し上げれば、「明確な悪意」までは無くとも、
好意的に読もうという意識は「今のところ」ないな、と感じてもいます
(ぶうさん、及び不愉快になられた関係者の方共にです)。
何故かと言えば、実名表記問題の記事まで山岳事故のみの問題と捉え
「八甲田」という単語の「言葉狩り」のようなご意見に見えたからです。


確かに事故直後に自分があげた記事は、へぼ氏への憎悪感情丸出しだったので、
不愉快に思われる方もいらしたかもしれない、と反省いたしております。
なので一度削除して、謝罪の上、別記事として手直しをしております。
手直し後の記事(2/16付)でも、やはりへぼ氏憎しの感情は多少出ていますが、
それは、このブログのテーマでもあり、へぼ氏の言動を心から憎むからこそ
このブログを書き続けているので。。。。

ただし、多少表現上に感情的な部分はあっても、
私は繰り返し「事故関係者を責めるものではありません」などと
節々に注釈やお詫びを入れ
続けてもおります。
事故直後の記事の、へぼ氏への憎悪感情丸出し状態に反省したからです。
が、どうやらその注釈までは読み取って戴けていないように感じています。

特に、実名表記問題の記事は、完全に、八甲田事故の問題だけではなく
渋谷の温泉爆発事故をも視野に入れて記事を書いたつもりで、
当然ながら、注釈やお詫びも記事中に入れているのですが、
「八甲田」の文字にのみ過剰反応されているように私には見えました
(もしかしたら、私がお嫌いゆえの過剰反応なのでしょうか?)。


だから今のところ、好意的に読む気はなく、真意を探る努力もない、と
思ってしまったのです。
ただ、丁寧なコメントを下さるところや貴ブログの記事内容からは、
単なる行き違いであり、今後話し合い次第で、
落としどころがあるのでは、という期待はしています。


勿論、死傷事故に何かしら関わりを持ってしまったり、
他人の言動により、何らかの実害を受けた経験がおありになると、
感情的になるお気持ちは十分理解できますが(自分自身もそうですし)、
「不愉快だから」だけで「そのことを書くな」とは言いすぎであり、
過剰な言論封鎖にも思います。

私の側も、事故関係者の方を不愉快にさせては本末転倒なので、
最大限気を配り、書く前に必要性を更に吟味するようにいたしますが、
大元は、「関係者を心配」した記事・ブログであることも
もう一度申し上げます、どうかご理解ください。


また、対象をはっきり書かないことにより、
本来全く関係のない第三者から悪意ある言いがかりを受ける
ことがある、
という可能性も、私は自らの経験上大変心配していますので、
今後も必要があれば、当該事故の話題をとりあげたり
関係固有名詞(個人実名を除く)を明記することがあります
(必要性はより吟味し、可能な限りイニシャル表記に努めます)。
ご理解いただきたくお願いいたします。


スポンサーサイト
| 雑記・お知らせなど | 22:39 | トラックバック:0コメント:3
コメント
こんばんは。コメントへの返信及び関連記事のup、誠に有難う御座います。
貴殿の記事を読んでやはり私が言いたかったことが伝わらなかったようですのでこの場をお借りして書かせていただきます。

まず、私のブログにコメントを寄せて下さっている方々の件ですがこの話題には全く関係ないのではないでしょうか?
貴殿がその何方に不快感を示しているかは聞きませんが少なくとも貴殿のブログの件は自ブログ内でまだ1つも情報として上げてません。又今後も貴ブログへの直接リンクなどを含む方法としては考えておりません。それが私の考え方ですので。ですので批判するのであれば私個人のみを批判してください。お願いいたします。

さて、私がお願いいたしました記事の件ですが
>特に、実名表記問題の記事は、完全に、八甲田事故の問題だけではなく 渋谷の温泉爆発事故をも視野に入れて記事を書いたつもりで、当然ながら、注釈やお詫びも記事中に入れているのですが、「八甲田」の文字にのみ過剰反応されているように私には見えました


基本的には、その通りです。それ以外を否定するコメントを寄せたつもりはありません。
関係者の心情、私の心情をここで書くのは又ご迷惑が掛かるので一旦今書いている「人間の感情~」の続編として近日中にupしたいと思います。それまでお待ちください。

それと
>だから今のところ、好意的に読む気はなく、真意を探る努力もない、と 思ってしまったのです。

どういう意味でしょう?
討論の場においてそう言う判断が先に立つのは、端から私に対して敵対心があるとしか受け取れません。
無論いきなり「やめてくれ」とコメントに書かれれば当然でしょうが私になりに貴殿の意図とする部分を汲もうという努力はしました。只、実在する事故事件についてそれを実名であげる場合の影響力について、どれほど重大な影響力を持つのか貴殿が理解されている様には私はお見受けできませんでした。
貴殿を批判するブロガーさんとのやり取りは過去に拝見しました。只、当時それほど真剣に見てはおりません。今、振り返ろうとしても先方のブログは無くなっており今やその確認も出来ませんが、それを否定も肯定もするつもりは一切ありません。上に書きました通りそれに対する意見を述べるに当たってもこちらのブログに対しての影響力持つものと判断しておりますので自分なりに考察できない限り言葉を発するのは良しとしておりません。

>過剰な言論封鎖にも思います。
それは、貴殿がまだ私の「不愉快」の意味を汲み取っていただけないからそう感じるのだと思います。
それに関しては、私の表現力不足が原因と思います。次の自ブログ内の記事でどれほど伝わるか分かりませんが精一杯気持ちを込めて書きたいと思いますのでお読み下ださい。

*蛇足ですが食品関係の記事の訂正、潔しと思います。
只この件も私が思うに貴殿ほどのブロガー様であればこれのみを追及した記事(コンプライアンスの認識など)が書け、世の中に訴えられる「ログ」が残せるのではと思うのですが・・・。
基本的な私のネット上における考えがこれです。

それでは又。駄文にて失礼しました。

2007.07.09 Mon 00:52 | URL | ぶう
ぶうさんへ
ぶうさん、あの、私、貴ブログへのコメントをしている方についてなど、何も触れていないのですが。。。。
思いっきり誤解されていると思いますので、大変申し訳ありませんが、もう一度別途記事をあげます。
今回はちょっと見過ごせない問題ですので、どうかご容赦ください。
2007.07.10 Tue 22:14 | URL | oioioioichan
そうでしょうか?
>私、貴ブログへのコメントをしている方についてなど、何も触れていないのですが。。。。

では、これはどういう意味ですか?

>ただ、貴ブログ閲覧者を含むぶうさんの「周囲」には
>私に悪意を持った人がいるのでは、と心配しております


私の捉え方がおかしいですか?
上の貴殿記事の引用を見て触れていないと言う根拠が分かりません。
正直、身内及び関係者まで否定されていると受け取りました。

貴殿がおっしゃる「悪意」とはなんですか?
是非お聞きしたいです。
2007.07.10 Tue 22:40 | URL | ぶう
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/tb.php/167-f9d0d072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

oioioioichan

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。