文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

主張の一部だけを恣意的に切り取った中傷には対応できません。 | main | 完璧に、かみ合わない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ぶう氏は、他人のプライバシーを勝手に暴いているのでは?
暫く此処のブログ関連から離れるつもりで居たのだが、
重大な問題に気付いたので今回、
相手をHN名指しで投稿させてもらうことにする。

向こう様は、私のHNその他は出さないで下さってはいるが、
こちらは現在それなりに閲覧者が増え、その中には、
私には理解不能な、妙な内容のサイトからのリンクもあるので、
誤解曲解を更に増やすのは、なるべく避けたい状況でもある
(関係ない第三者からの言いがかりや、思わぬ誤解で傷つく人を避けたい)。
なので、対象者をはっきり書かせてもらうことはご了承願いたい。


私としたことが、自分の批判(私から見ると中傷)をされて
うっかり頭に血が上り、本来の此処のメインテーマでもある
重大な事例を、見逃すところだった。。。


私が数回に渡って書いた、とある死傷事故を引き合いに出した記事について、
苦情意見を寄せてきた「ぶう」氏が先日、ご自分のブログ内で
私への「批判・苦言」の記事を公開したのだが。

その記事の中で、私への批判の根拠としてあげられていたのが、
ぶう氏の知人で、私の記事を見て不快になったという方の
発言や、その方の事情説明だったのである。



その、ぶう氏の知人の事情は、此処でも以前ぶう氏本人が内緒コメント
簡単に語られていた内容を、「更に詳しく書いた」ものだった。


そんな内容を公表するのに、ぶう氏は、ご本人の了解を取ったのだろうか?
どういった立場の人間が、どんな事を発言したか、という内容なのに。


ちなみに、ぶう氏から以前内緒コメントで申し出があったときには、
第三者のプライバシーに当たると私は考え、その部分は一切公開しないでいた。
また、ぶう氏から「公開してくれ」とコメントがあったときも、
取り敢えずスルーした。他人のプライバシーと考えたからだ。


勿論、ぶう氏にも発言の自由はあるので、
私の記事を見て、不快になった、と公表することまでは問題はない。
そういうものは私の立場からは大変不愉快で、なんだこいつ?とは思うものの、
向こう様にも確かに、物申す自由はあるので、
あくまでもご本人の発言であるのなら、本来は発言は自由だ
(ただし、法に触れず、利用規約を守る限りでもあるが)。


しかし、ぶう氏の「知人」の発言や事情である。
その知人も、もし許可なく勝手に載せられたとしたら、
たまったものではないのではないか?

私が、ekkenさんの公開記事に無断リンクする、というような
「当たり前」なレベルの話では「ない」のである。


勿論、その方も私に対しては批判的らしいというから、
私への批判目的であれば、了承なさる・なさったのかもしれない。
しかしこのへんについては、私は想像するしかないのだが、
ぶう氏自身がご自分の記事に書かれた
「関係者の方々にご迷惑をおかけするかもしれませんが」
という記述から見ると、事前に許可を取ったのか大いに疑問である。


それに、いずれにせよ、もっと良く考えて欲しい。

当該事故の関係者、と言ったら、かなり対象者は限られる。
その対象者の中でも、ぶう氏が記事にした事情にあてはまる人物、と言ったら
更に、対象者は狭い範囲に絞られてしまうのだ。
少なくとも、コアな関係者が見たら、誰の事か分かるくらいの情報
ぶう氏の書いた、私への批判(というか中傷)記事には載っている、
と私は判断している。


このブログは、これまでの検索語句から判断すると、
その事故に関心のある方や、関係者もご覧になったと思われる。
かなり「コアな関係者」の目に留まった可能性が高いのだ。

それは即ち、辿っていけば、単にぶう氏の身元だけでなく、
批判の引き合いに出されたその「知人の身元」も、
此処の閲覧者の一部に知られた可能性がある、ということになる。
その閲覧者が、必ずしも好意的な相手とは限らないのだが。。。。

いや、それどころか、敢えてもっと言わせて貰えば、
「私」がもし、その「コアな関係者」だったらどうするつもりなのだ?
要は、私は此処では、自分や周囲の安全のため、身元を秘匿し
記事の「本質」に影響ない範囲では、詐称さえ辞さないと表明しているが、
それは逆に、コアな関係者ではないという保証もない、ということである。


こんなことを書くとまた、ぶう氏は得意の「脊髄反射な憶測」で、
「コアな関係者のクセに、亡くなった方を冒涜するなんて絶対に許せん!」
とか、あるいは、へぼ氏並みの発想で
「自らを正当化するために、関係者だと詐称さえするのか!」
などと息巻くかも知れないが、そういうことではない。
あくまでも「否定のできない、ありうる可能性」を考えろ、
と言っているのだ。

勿論、私は自分がどういった身元か、明かすつもりは絶対にない。
関係者だとも、関係者ではないとも言わない、「秘匿」である。
私も自分のブログ内で、知人の言動を引き合いに出しているので、
彼らのためにも、絶対に秘匿あるいは必要なら詐称もさせてもらう(※後述)。
まあ、自分の身の安全、というのは当然大きいが
(なんせ最近此処には、妙な方々も見に来ているようなので)。


そして、仮に万が一、私にその方の身元が分かったとしても、
法に触れて犯罪を犯してまで、何か危害を加えようという気は全く無い。
そんな暇・余裕がもしあるなら、へぼ氏のほうを優先したいくらいだ
(なおへぼ氏に対しても、自分が犯罪者になってまでする気は全く無い)。

しかし、私は自分の閲覧者や、ぶう氏の閲覧者の中にまで
相手を特定して、悪さをしよう、という人物が居ないとは全く保証できない。
ネットに公開した情報は、どんな悪意ある者であっても閲覧可能なのだ。


ぶう氏は、自分の欲望=私への批判をするつもり、のためなら、
自分の知人が、見知らぬ第三者に特定されても構わないのではないか?

それにもし、発言者ご本人の許可を全く得ずに載せたのだとしたら、
へぼ氏並みに、他人のプライバシーを蹂躙する人物である。
いや、内容の多さ・背景の深刻さは、へぼ氏よりもっと酷いかもしれない。


もう一度、声を大にして言わせて貰う。
他人の個人情報やプライバシー・発言を、勝手にwebに載せるな。
web上の発言が、自分だけでなく第三者にも与える影響を考えろ。



私は、身勝手な判断で他人のプライバシーをwebに暴く輩、
更には、その自覚がなく責任転嫁するという行為が絶対に許せないのである。


プライバシーを勝手にweb上に暴かれたことで、その当事者が
「社会的に抹殺状態」にまで追い込まれる可能性
をも考えろ、と
改めてここで、強調させてもらう。



なお、蛇足ながら。
ぶう氏は、私が此処でへぼ氏個人だけの批判をしていて、
「不快なこと」を愚痴るためだけに書いていると勘違いしているようだが、
私が一連の記事で対象としているのは、へぼ氏が行った「迷惑行為」である。
また、その迷惑行為がもし、へぼ氏以外の人物によっても行われたなら、
同様に批判させていただく方針でいる次第だ
(かつてE氏を批判したのは、年齢性別の断定のほうが大きいのである)。
そして今回まさに、ぶう氏が、同類と思しき言動を行ったように見える。

なのでへぼ氏へも、ぶう氏へも、個人攻撃をしているのでは決してなく、
あくまでも彼らが行った「迷惑行為」を抗議しているだけなので、
誤解の無いようにお願いする次第である。


確かに、此処では単なる「愚痴吐き」の記事も結構書いてはいるが、
愚痴吐きの場合は相手のHNその他、関する具体的記述も敢えて避けており、
一切、死傷事故などを引き合いに出したりはしていない。
ぶう氏の仰るとおり、単に不快な事を愚痴るため「だけ」であれば、
確かに、安易に死亡事故に触れるのは失礼かもしれないからだ。

社会的な事象を引き合いに出すのは、
あくまでも、対象を限定した迷惑行為に限っている。
そして、その迷惑行為は、放置すると拡大被害も予想されるからこそ、
色々な方々に共通認識を持ってもらえるよう、他の事象との共通点を探して、
幅広く問題提起しているのだ。


単なる愚痴と、ターゲットを明確に絞った記事とを混同し
一緒くたに判断してもらっては困る。

まあ、当人のへぼ氏やぶう氏には、今までの発言から判断すると、
私の主張を読み解く判断力すら、ないのかもしれないが。。。。


※最後に補足を。
「詐称も辞さない」というのはあくまでも、
自分や周囲の身元を特定されないようにするために、
「事の本質を変えない範囲」と自分が判断した部分でのみに限定している。
読み手を「騙す」ためにウソ・デタラメを書く、ということはしないことを誓う。

スポンサーサイト
| プライバシー問題関係 | 22:25 | コメント:4
コメント
約束を破り申し訳ありません。
こんにちは。本来ならお邪魔すべき立場でないことは重々承知なのですがこの記事にを拝見いたしますと事実誤認がありますのでご報告にお邪魔しました。

それは、
<その知人も、もし許可なく勝手に載せられたとしたら、
>たまったものではないのではないか?
です。
私が書いたコメントをよく読んでくださいね

>それと当方関係者に対しては、謝罪の意があったとの>ことを伝えようと思います。只もう少し話を整理させてい>ただき先方を納得させられる状況になってからはなした>いと思います。

まどろっこしい言い方で分かりづらかったのであれば申し訳ありませんがあくまでも「了解の上」で成り立ってます。

それともう一つ(これも理解されていないと思いますので)
>「関係者の方々にご迷惑をおかけするかもしれませんが」

関係者 とは貴方が実名を挙げて記事にされた事故に係わる全ての方(被害者の家族、救出に係わった関係者の方、地元の方 など)がこのやり取りを見て思い出したくない過去を思い出すのでは、という処に意図が有ります。

読みづらい文章を書いたのは申し訳ないと思いますが貴殿ほどブロガー様なら読み取っていただけると思ったのですが・・・。

事実のみをお知らせしにお邪魔しました。
後は、後日自ブログにて書きたいと思います。
お邪魔しました。

2007.07.23 Mon 12:20 | URL | ぶう
ぶうさんへ
ご連絡ありがとうございます。
お知り合いの許可はお取りになったのですね?
だとしたら、一部の表現は書きすぎですね、お詫び申し上げます。

ただ。。。。
私がこの記事で指摘した、「個人特定の可能性」を、
ちゃんとご理解頂いたうえでの了承なのか、
ちょっと疑問です。

>貴殿ほどブロガー様なら読み取っていただけると思ったのですが・・・。

スキルを評価いただいている点は感謝申し上げますが、
ぶうさんと私とでは、立場が決定的に違います。
ここは、「公開の場」です。
様々な方がご覧になっています。
表現を曖昧にすることで、却って第三者を傷つける可能性も考えて発言くださいますようお願いします。
2007.07.23 Mon 20:42 | URL | oioioioichan
ここは切り離せない問題ですので。
何度も申し訳ありません。
もう一つのご質問、
>私がこの記事で指摘した、「個人特定の可能性」を、
>ちゃんとご理解頂いたうえでの了承なのか、

この件の冒頭(秘コメ時)にご説明しませんでしたでしょうか?
元々は、当方関係者がマスコミに公表された記事を探すべく検索したことが発端です。つまり個人情報云々(とまでは言いませんが)は、すでに公開の場に出ているのです。検索システムのログとして貴方の記事と当該従事者の活動記事が同居していたからこそ貴殿に苦言を呈したのです。
これでお分かり頂けましたでしょうか?
尚、念のため申し上げますがこの度の貴殿の記事について関係者よりは先方へ「世の中、お互いの活動を素直に認めてくれない時代になり悲しいがお互い頑張ろう。」と言う旨のメールを配信したとお聞きしました。
以上が貴殿が希望している情報で宜しいでしょうか?

御幣無き様申し上げますがここまで説明する旨は、当方関係者から了解は取りました。

それと結果を求める要求が思いのほか多かったので今回のやり取りの全文を印刷して(貴殿の記事、両者のコメント)読んで頂く事にしました。結論はどうであれその感想は自ブログで書きたいと思います。後は貴殿が信じるか信じないかはお任せします。

もし不明瞭な点があれば何なりとお答えいたします。
ご納得の行く限り記事にしてください。
2007.07.24 Tue 02:09 | URL | ぶう
ぶうさん、曲解はやめて下さい。
ぶうさん、何度も同じ事を言わせないでいただきたいものです。私の言っていないことを、曲解で独断するのはやめてください。妄想の域に入っていませんか?
私が、この記事を推測で書いたことは事実で、不快に思われたならお詫びいたしますが、原則として、推測だと普通は分かる表現になっていますよ。断定していませんから。
逆に、ぶうさんが私に対してなら、完全に断定した記事になっていますよね?今までの経緯からすれば。。。。
これを機にもっと、本来他人が確認できないことを、いかにも事実のように書かれる苦痛を、もっとご理解いただきたいものです。
私は本当に苦痛です。
ぶうさんは、私に苦痛を与えて喜んでいるのですか?

>この件の冒頭(秘コメ時)にご説明しませんでしたでしょうか?
>元々は、当方関係者がマスコミに公表された記事を探すべく検索したことが発端です。

検索なさったことは存じ上げていますし、確認もいたしましたよね?
でも、普通はそれだけで、「関係者に了承を得た」とまでは断定しないものです。ぶうさんは、なさるのかもしれませんが、普通はしません。

>「世の中、お互いの活動を素直に認めてくれない時代になり

あの。私、ぶうさんのお知り合いの活動を「認めていない」なんて、一言も言っていませんし、思ってもいません。
お知り合いの活動について、私は何の見解も表明した事はありません。
私がぶうさんの思い通りにならないと、認めていないことになるのですか?それは論理が破綻しています。
もし、素直に認めないというのなら、それは活動内容そのものではなく、原理主義的な態度のほうです。活動のほうには、確かに頭が下がりますよ。
逆にその原理主義・論理破綻な態度が、折角の崇高な活動を誤解される元だと思います。



2007.07.25 Wed 21:48 | URL | oioioioichan
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

oioioioichan

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。