文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
取り急ぎ、事実無根である、との表明。
あまりにもの事実無根の中傷攻撃に、正直、辟易してしまい、
言い返すのもアホらしくなってしまってもいるが、
長い間黙っていると「認めた」と言い出す短絡的人物も出そうなので、
ごく部分的ではあるが、意志表明だけしておく。


私がこのブログの中で言ったこと以外の、第三者の管理下サイト等にて
私が言ったものだと一方的に断定されている記述は、
一部を除きほぼ全てが、第三者の憶測による事実無根の中傷です。


他のブロガー様と根拠無く同一視したうえで侮辱する発言も、
勿論、根拠など全くない言いがかりの妄想であり、
また、此処以外の場所で、私が誰かを批判・否定するがごときの発言は、
決して私が行ったのではない、事実無根の中傷です。


少なくとも今年の2月以降は、なりすまし被害を受けた影響もあり、
私は他所様のコメント欄等で他人様の批判を行わないようにしています。
反論や苦情・批判はあくまでも此処のみでしているため、
他の場所で行われた、私名義での他人様の批判行為や
私が言ったとされる、他人様の人格否定のような発言は全て、
悪意的解釈による第三者の偏見、若しくは
成りすましに拠る悪意ある嫌がらせ行為です。


そのような、卑劣な人物の発言を安易に信じないでください。


また、私はあくまでも、他人様の事情や発言その他について
断定はせずに「推測」に留め、推測した理由をも明記しますし、
「可能性の指摘」や「曲解はしないでくれ」といっただけで、
ぶう氏の「全人格」を否定したり、向こう様の身内の方を否定したり、
周囲の方「全員が悪意」などと断定したことなどは決してありません。


なのに、ぶう氏は、例えば後述のような中傷を書いております。


今まで、私が引き合いに出した事故の関係者だと思ったから、
なるべく歩み寄りができれば、と切に願っていましたが、
一方的に中傷するような人物とは、正直もう一切関わりたくありません。

マトモな意見交換ができるようになり、中傷に対する謝罪があるまで、
関わりを拒否させていただく所存にございます。

批判意見を表明するなら、説得力のある根拠が必要ですが、
脊髄反射の脳内妄想を理由にされても、非常識で迷惑ですので。


ということで、ぶう氏の書いた中傷のごく一部を実例として紹介し、
ごく一部であるが反論させていただく。

>事実を書いても端から嘘と見られていたのであれば
>もう何も言う必要は有りませんね。

http://narunara.no-blog.jp/ippo/2007/07/post_4b73.html

嘘と見ている、なんて書いたことはありません。
曲解するな、言ってないことを言ったように書くな、と書きました。
今回のこれも、正にその実例の一つです。
そもそも、「嘘」という単語の重さを分かっているのでしょうか?
私に対し、「単語を軽々と使う」などと批判する割には、
全く人のことを言う資格の無い、随分な人格攻撃ですね。
ご自分だけは特例で人格攻撃OKだとでも言うおつもりで?
だとしたら、大した、自己中ですね。一体何様だと思っているのか。


>しかしながら、今回の記事で「私の全て」を否定されました。
>自分が不愉快だから己の欲望のみで動いていると言う事ですよね。

http://narunara.no-blog.jp/ippo/2007/07/post_4b73.html

繰り返します。「全てを否定」など、したことはありません。
部分的には否定しましたが、受け入れている部分もありますし、
反省し謝罪した文面もあるのですが、読めないのでしょうか?
「欲望のみで動く」などと一方的に断定するのも中傷でしかなく、
もう迷惑極まりないです。
そう思うのは自由ですが、公の場で発言なさるなら、
キチンとした根拠をお示しください。
もっとも、こんな言いがかりをつけてくる相手は、
何を言っても無駄ですので、
謝罪が無い限り今後は相手にしません、としか言えませんが。



>自分中心の記事を「権利」と主張するA氏(※引用注:私のこと)。
>人の気持ちなど微塵も考えない。

http://narunara.no-blog.jp/ippo/2007/07/post_4b73.html

これも、一方的憶測・断定による中傷行為です。
此処まで言う根拠は?結局、脳内妄想なだけでは?

なお私は、当該事故の関係者の方、及び自分のリアル知人を
とても心配している、と何度も此処で明記してきています。

関係者の方、リアル知人のうち、無根の中傷を行わない真っ当な方なら
当然ながら、お気持ちは配慮したいと切に願っています。



>懸命さを愚弄するかの如く、
>辻褄が合わない言い訳をし続ける人を許せなかったんだよ。

http://narunara.no-blog.jp/ippo/2007/07/post_b092.html

身内の方を直接愚弄したことなどございません。
確かに、「原理主義的態度」のみであれば限定批判いたしましたが、
身内の方のご職業・活動内容そのものを批判したことはありません。
辻褄が合わない言い訳をされているのは、そちらだと思います。
何処が辻褄が合わないのか、ちゃんとご説明ください。
そうでない限り、個人攻撃の悪意ある中傷としか受け取れません。

最初が丁寧な文面だったので思わず油断しましたが、
ぶう氏こそ悪意の塊だと今は思います(理由は改めて別途)。
身内の方、お知り合いの方が私の記事に不愉快になられたのも、
ぶう氏の妄想による「悪意的情報」が勝手に付け加えられて
私の全く意図していない情報が勝手に伝わったのでは?と
現在では疑っており、大変迷惑しています。




・・・・といった調子で、此処では一部しか書かなかったが、
まず私への「叩き」「悪意的断定」ありきなのである。
もう、あほらしいので、全部に反論などしていられないが、
一事が万事、脳内妄想の暴走だけで、
「白ではないかもしれない」というような可能性の示唆を
「黒だ、極悪だ、許せない、自分の欲望のみの悪人だ!」
というような短絡的憶測で断定されてはかなわない。
そんなにお嫌いなら、読まなければいいのに。。。。


それにしても、私が言ってもいないことを、
事故関係者の方に付け加えて伝えられるのは迷惑極まりない。


真っ当な方が殆ど何も言わないのは、
こういった理不尽な絡まれ方をしたくないのでは?と
勝手ながら、つい思ってしまう次第である。
誰しも、刃物を持った危険人物からの飛び火は避けたいはずだ。
逆に、似た者どうしなら応援に入るのかもしれないが。


誰だか知らないが、ぶう氏の援護記事を書いた人物もいるらしいが、
その人物も似た者同士で同様に、
「悪意的解釈の言いがかり」や「嫌いなブロガーの中傷攻撃」
をしているだけだ、と思わざるを得ないのである。

真っ当な友人なら、仮にへぼ氏批判と当該事故が関係ないと思っても
ああまで脳内妄想炸裂を表明したら、かえって不利になる、くらいの
忠告をしても良さそうなものだが、
全面的にぶう氏を援護しているのである限り、「同類」であると
考えざるを得ない。


そういった卑劣な人物の発言に、いちいち付き合う義理はないのである。
そして改めて、発言の捻じ曲げや捏造は迷惑行為である、と
表明させていただく次第である。



スポンサーサイト
| 中傷・成りすまし | 00:08 |
| ホーム |

プロフィール

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。