文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
著作者人格権の侵害?
私に悪意的解釈の言いがかりをした、ぶう氏。
本来もう関わりたくないのだが最後にひとつだけ、重要な指摘を。


ぶう氏は、私への「(本人いわく)批判」と称して
脳内妄想炸裂な、事実無根の中傷をしている。
その中で、私の発言を恣意的に切り取って引用している部分がある。

しかし、他人の公開発言を引用しておきながら、
その出典である、此処へのリンクやURL掲示等が一切無いのである。


しかも、別の記事やコメントに書いたバラバラの発言を
敢えて、悪意的につなぎあわせ、非常識な発言に見せかけている。


これは、著作者人格権の侵害ではないか、と私は此処で指摘する。

ぶう氏は、私の名指しやリンクをしない理由を、口先では
「敬意を表しての判断」と言っているが、
私にはとてもそうは思えない。

その理由は、敬意を払っているはずの相手・私に対し、

>自分中心の記事を「権利」と主張するA氏。
>人の気持ちなど微塵も考えない。

とか、
>自分が不愉快だから己の欲望のみで動いていると言う事ですよね。
とか、
>私の単独犯行説まで唱えられてしまった
などと愚弄しているからである(いずれも出典は以下のURL)。
http://narunara.no-blog.jp/ippo/2007/07/post_4b73.html


こんなことを思う相手に、本当に敬意を払えるのか?
敬意を払えるなら逆に、こんな愚弄発言ができるのか?
あまりにも、辻褄が合わなすぎる。


少なくとも、他人の文章を合法的に引用するには、
引用であることの明示、出典の明示、原則として改変しないこと、
の要件が必要(著作権法による規定)とされている。
ぶう氏は、私がekkenさんの記事を無断リンクした際には
著作権に触れるのではと言いたげの言いがかりをしていたが
(公開記事をリンクするだけであれば、著作権法違反ではない)、
私を批判するその張本人が、それ以上の悪事をしているのだ。

出典元を示さず、別々の発言をつなぎ合わせるというのは
どう考えても、著作権に触れる改変としか思えない。
悪意があろうとなかろうと、である。


ましてや、上記引用のような愚弄発言をされれば、
「歩み寄り」ではなく「悪意」と判断する。
逆に、自分が同じ事を言われたら、「歩み寄り」と思えるのか、
私は疑問でならない。


他にも、「言葉を軽々しく使いすぎる」や
「他人への中傷に他の事象を引き合いに出すな」など、
私を批判しておきながら、自らも行っていることの如何に多いこと!


まあもっとも、そもそもぶう氏が、「改善を求めた批判」ではなく、
本人も自覚しているように、「悪意的言いがかり」をしていて、
要は「気に入らないブロガーを叩いている」だけなのだから、
何でもありでいられるのだろうと思う。


こういった、言いがかりの類には付き合う義理は無いのである。
私が発言の責任を負うのは、あくまでも自分自身の発言だけで、
第三者の悪意的な脳内妄想までは対処しようがない
のだ。


ただ、これは単に悪意ある中傷であるばかりか
法令に触れる悪質行為でもある可能性が極めて高いため、
敢えてここで表明させていただいた。


あ、通報しようかな、違法行為みたいだしな。。。。。


まあ、確かに私自身も今までは、他人様の発言を引用する際に
毎回毎回、出典を示していたわけではなかったし、
今更出典を示そうにも、削除されたもの(へぼ氏の分など)もある。
が、だから自分が被害に遭っても、
泣き寝入りしなければならない、とは思えないので、
今回表明させていただいた次第である。


スポンサーサイト
| 中傷・成りすまし | 21:43 |
| ホーム |

プロフィール

oioioioichan

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。