文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
更新終了にあたって
これを最後の記事とし、此処の更新を停止、終了することとした。


こういう最期を迎えるのは、非常に残念でならないし、
過去記事発言の責任を十分に果たしていないような無念さも残る。

しかし、友人や、下手するとリアルにまで影響が出る可能性が高まった以上、
周囲の方をこれ以上、こういった面倒に巻き込むわけにはいかないし、
ましてや自分の身の安全は重要なため、周囲のアドバイスに従おうと思った。

周囲の方々からは、自分や周囲の安全のため及び頭を冷やすためにも、
ブログの完全削除も薦められたのも事実だが
(潰し専門の連中に狙われたら、真っ当な人は勝てないからとのこと)、
此処は、更新を終了するが記事の一部だけ残すことにする。


なお此処を残す理由だが。

最初の理由は、私が引き合いに出した死傷事故の関係者の方々に対し、
私の謝罪文などを筆頭に、第三者に捻じ曲げられていない私の「元発言」を
残したいことである。
謝罪文を残すことが、現時点で私が出来る、「良心的な関係者」の方々への
せめてもの「償い」だと考えた。


そして2番目には言うまでもなく、
某(元)YahooブロガーA氏への苦情申立て(中傷ではない)を残すためである。
根拠無き中傷ではなく、ちゃんと理由のある苦情申立てなので、
今後は書かないにせよ、過去記事を完全に消す理由もない。
むしろ、今の段階で全部消すことで「やはり中傷か」と疑われたくない。


そして、最後の理由になるが、
私のブログ友人が、最近やはり、
潰し屋と思しき輩による嫌がらせに遭った。
それでも名誉毀損訴訟の証拠として、ブログを敢えて残していることに
大きく影響されたのもある(その友も、更新停止宣言をしたようだ)。


これに伴い、プライベートモードから公開モードへも変更した。
一旦は、検索避け・RSS避けの意味で取った措置だが、
そもそも、そういう配慮が必要の無いことも判明したし、何よりも今後は
検索ですぐダイレクトに、該当記事に飛べないと上記の意味が無いからだ。


ただし過去記事は、ごく一部だけを公開する。
例えば

他の方へトラバを送った記憶のある記事
コメントを頂いた記事
コメントへのレスに当たる記事
ブックマークやリンクされたことを自分が把握している記事

などのうちの「一部」で、全部ではないが独断で決める。


今後は放置するつもりのため、コメントへのレスは出来ないと思う。
また、内容のいかんを問わず、コメントやトラバの承認も
しないつもりですのでお断りしておきます
(設定可能な記事は順次、コメントやトラバを出来ないようにしていく)。


そのうえで、いくつか表明事項を。


1つめの表明事項。
某元YahooブロガーA氏には、私の自宅近くに住んでいると聞いていたため、
リアルで待ち伏せなど、身の回りに付きまとう可能性
も相当に高い。
実は関心ごと関係だけでなく居住地要因も、この人物を恐れていた理由である
(徒歩可能圏内に住んでいれば、そりゃ怖い。
 露骨な犯罪被害に遭いかねない)。

しかし、嫌だから来るな、と意思表示をしている場所に
敢えて来て待ち伏せたり、
自宅近辺をうろつくような行動にでたのを確認できたら、
ストーカーとして即、110番通報するよう警察から指導を受けた。

そのため、
「勝手な独断で、非公開情報をweb上で断定したり、
 信頼を裏切って、私信で伝えた内容をwebに晒すような人物とは、
 謝罪歩み寄りがない限り、ネット・リアル共に一切関わりたくないから、
 一切、鉢合わせそうな場所には来ないで欲しい」
と改めて、意思表示させていただきます。

されて嫌なことを書くと、かえって嫌がらせを呼びうることにもなるが、
少なくともこの某A氏に対して、明確に意思表明をしておかないと
万一のとき、ストーカーとして通報しにくくなる可能性がある。
なお何も、某A氏本人以外であっても、リアルでの付きまとい行為は
ストーカー犯罪として扱える場合が極めて多くなっているとのことだ。
年齢・性別・恋愛感情か否かは、あまり関係ないらしい。


2つめの表明事項。
私が此処で、oioioioichanの名で発言した内容以外の事には
私ことoioioioichanは一切責任を持つ義理はありません。
此処以外の場所で、私が発言したとされるものは、その多くが
曲解や憶測、意図捻じ曲げによる事実無根の中傷です
(例外は、Yahoo、エキサイト、はてなでログインして書いたもの。
 いずれも「oioioioichan」だと分かるIDが現在もある)。
特に、第三者のサイトやブログの記事内等で、出典を明示せずに
部分的に引用されているものは、捻じ曲げの入った中傷です。

たとえどんな話題の発言であっても、此処以外では上記例外を除き、
私の発言とされる記述は、正確さ信憑性に欠けるもしくは
事実無根であることを改めて申し添えます。

まあ、ある意味当たり前のことなので、
良識ある閲覧者の方々であれば、お分かりのことだろう。。。。
憶測だけで罵倒するほうが、第三者から見ると正当性に欠けるのだ。

知人のアドバイスや、先日引用したekkenさんの記事
「嫌がらせ的なネガティブコメントは、モヒカン族思考でぶっとばせ」
http://ekken.blog1.fc2.com/blog-entry-631.html
にもあるとおり、良識ある「第三者のギャラリー」に
「誰に最も分があるか」の判断を任せることとする。



3つめの表明事項。
私の身元を特定可能な情報を、一方的にwebに流された場合、
警察に報告せよと言われている。
私を中傷する内容とともに、身元特定可能情報があれば、
名誉毀損事案となりえるとのことである。

ましてや、付きまとい行為により得た情報を勝手に流し
総合的に、「身元特定+中傷」に至れば、
ストーカーと名誉毀損の双方の観点から、
刑事事件として警察が捜査可能になりうるとのことだ。

私も、自分のブログ友人を見習い、いざというときの証拠保全として
過去ログを残す道を選ぶことにした。




では、これで最後といたします。

スポンサーサイト
| 雑記・お知らせなど | 00:54 |
| ホーム |

プロフィール

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。