文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

反論しないのは、認めた証拠なのか? | main | 改めて。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
人物の写真掲載の危険性を考える。
前にも書いた「自分の写真がネットに載る」恐怖ですが、
顔写真が載ることにより、ネットストーカーにつきまとわれるなど
何らかの直接の実害を受ける可能性が高くなることは
ご存じの方もいらっしゃると思います。

だから、自分の顔の分かる写真は
何か他にメリットが無い限り、避けた方が無難ですが。。。

今回は、「更にちょっと別の視点」からの、
人物写真の掲載により起こりうる恐怖を考えました。

別の視点からの恐怖とは?
ずばり、「苦情が来る」または「訴えられる可能性」です。
これは、他人の写真を載せたときは言うまでもなく、
自分の写真であっても、起こりうる
のです。
モチロン、ブログだけでなく、サイトであってもの話です。

まずは他人の写真の場合。
載せた記事にちょっとでも、否定的なことが書いてあれば、
侮辱・名誉毀損などで苦情が来たり、
状況次第では、いきなり訴えられることだってあり得ます。
正直そうなったら、載せた方の立場の方が弱いです。

いきなり訴え・・・までではなくとも、初期の対応を誤って
うっかり「そんなに怒るな、神経質だ」みたいなことを
言ってしまったら、もう泥沼化するのは間違いないです。
いくら相手の苦情が感情的な言葉から始まったとしても、
絶対に言ってはならない台詞なのです。

また当然ながら、相手が悪ければ、どっちにしろ揉めますし。

そういった感情的にコジれたレベルまで行くと、
お互いに、心身共に疲弊してしまいます。
理由が顔写真ではないですが、それこそAさんが私の私信を公開し、
事後対応すらも誤り、揉めて、双方がストレスを溜め、
泥沼化したのは、ここでもしつこく述べてきました。

ちなみに、私見ですが、芸能人などの写真掲載の場合なら、
まだ、「お金でキレイに解決」することが可能なように思えます。
その金額が払えるか?という問題は出ますが、有名人の方々は
「顔写真が公表されること」自体には慣れっこになっているからです。
反面、一般人同士だと、金銭を払ったとしてもお互いに深い傷が残り、
ズタズタになるような気がします。

なので、今後泥沼状態に遭いたくなかったら、
人物の顔が分かる写真は、誰であっても載せない方が、
自分の身が守れると思います。

ここで、他人の写真でなら揉めるのも分かりますが、
自分の写真でもか?という疑問が出ると思います。

実は自分の写真でも、それが自分だと証明出来ない限り、
悪意のある人に言いがかりを付けられる可能性

出てくるのです。

他人でも自分でも、とにかく顔写真が載っていると
「勝手に顔写真を載せて良いのか」
「ちゃんと、この人物及び“撮影者”に掲載許可を取ったか」
などと、悪意のある人からしつこく聞かれたりします。
その質問に対応を誤ると・・・・以下省略。

また、更にタチが悪ければ、れっきとした自分の写真なのに
「これは私の写真だ」と成りすまして言い張る輩から
イチャモンのアラシを喰らう可能性があります。

全くの他人から、公開コメントで
「勝手に私の写真を盗撮されて載せられた!」
などとわめかれたら。。。。。
あるいは、そういった内容を2chなどに載せられて
自分のブログのURLが2chに晒されたら。。。。。
たぶん、「炎上」します。怖いことです。

確かに、本当に自分の写真であれば、証明は可能ですが、
そのためには、かなり多くの個人情報を流さなければなりません。
それが、いかに危険か。

「自分の写真を載せても苦情が来得る」という話は、
私自身は考えもしなかったのですが、
実は最初には、例のブロガーAさんが示唆していたものです。
正直、こんな発想は私には盲点だったので、最初は
逆にAさんをスゴイ着眼点をお持ちの方だと思いました。
が、実際Aさんは、私に盗撮疑惑を(メールでだけど)。。。。
つまりこれ、Aさんご自身の発想だったというわけなのですね。

何はともあれ、そんなゴタゴタに巻き込まれないようにするには、
人物の写真は極力排除したほうが無難だ、と思います。

もし、自分の写真を載せるとしたら、
こういった危険性もあることは頭に留めておき、
記事に書く内容も全て、意見の割れるようなネタや時事ネタ、
何かへの批判・否定的な内容は避けてブログ全体を運営しないと
相当に危ないと思います。
例え、行ったレストランの料理が不味かった・・・という話題でも
否定的なことは一切、書かないようにしないと危ないです。

逆恨みや言いがかりをする人って、確実に居ますからね。
私は自分自身で、少なくとも二人、そういった人に出くわしましたし、
他の方のブログをROM中に、見つけたこともあります。

そう・・・・結論として私が言いたいのは、
自分の身を守るために、人物の写真は避けたほうがよい
といったことなのでした。
スポンサーサイト
| プライバシー問題関係 | 22:54 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/tb.php/34-4f97af7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

oioioioichan

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。