文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

前回の記事に、誤解を招く表現が。 | main | くどいようですが。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ブログでの迷惑行為を改めて考える。
少し前のハナシですが先週の雑誌記事に、ブログの女王・眞鍋かをりさんが
ホストクラブ通いをしているのに、自分のブログで一切触れていない、
といった中傷めいたことが書いてありました。

正直言って、一応ブロガーの私はこの記事見出しに立腹しました。
ブロガーが自分のブログに何を書こうと、書くまいと、自由ではないか?
眞鍋さんがホスト通いすることで、世間様が何か迷惑を受けたとか、
そもそもホスト通いが法令違反だとかいうならハナシは別ですが。。。。

有名人は何かと、文句も言われやすいので大変ですね。
しかし、有名ブロガー・人気ブロガーにだって、私生活はあります。
昔、クリントン元大統領が、不倫が見つかった際の釈明演説で
Even Presidents have private lives.」(大統領にだって私生活はある)
と言っていました。
不倫はいけませんが、私もこの言い分には同意しますし、この台詞をもじって
Even bloggers have private lives

 hidden from the readers of their blogs
.」
と言いたいですね。

ブロガーなら誰しも、自分のブログに敢えて書かないで通す
「自分自身のこと」があるのが普通
だと思います。
眞鍋さんのような有名な人でも、私のようなマイナーブロガーでも、
キケン回避の考えからも重要なことだと思います。
それに外野がムリヤリ突っ込んでくるのはマナー違反でしかありません。
極めて失礼な行為です。

眞鍋さんがホストクラブ通いしていること自体の真否はともかく、
それについてブログに書かないことを批判する権利は
世界中の誰にもないはずなのです。たとえ米国大統領であってもね。

しかし・・・私は同様の指摘を某YahooブロガーAさんにされました
年代・性別・血液型などを明かさない・・・と。
もともと、ココは某Aさん個人への批判専用ではなく、
ブログでの不愉快な経験全般のグチを言う場として設けたものです。
ただ、Aさん関連は、複数の事由が重なって不快度合いも高く、
あげくに半年以上という長期間に渡ってしまったため、
書くことがどうしても、多くなってきています。
ましてや、共通のお友達やAさんの御常連様からまで批判されたので。。。

ただここでちょっと、一旦基本テーマに戻り、
どんなことが「不愉快」なのかも再考してみようかと。
と、いうことで考えたのがこんなことでした。

1.全く根拠のない言いがかり中傷行為
2.下品な言葉での侮辱行為(アラシ)
3.いわゆる「個人情報」の漏洩
4.「個人情報」としてはグレーだが、プライバシーの侵害になる行為
5.無実の罪を着せ非難する行為
6.ブログ記事やコメントの記述内容を強制(書け、書くな)する行為
7.苦労して書いた記事のパクリ行為(著作権侵害)
8.自分の写真を無断でweb掲載(肖像権侵害行為)
9.名指しもしくは誰だか分かる形での、公開批判
10.迷惑行為への苦情を申し出たら、無視または逆切れ
11.個人情報の開示要求や、馴染みの場所に出入りなどの付きまとい行為
12.自分の記事内容と全く関係ないコメントやトラバ

などが、私の思いついたもの(実際に経験したものが殆ど)です。
なお1から6および9については、ブログ上・web上とは限らず、
放送や出版での公開、個人の自宅等への攻撃も入るでしょう
(中傷の手紙やメールを送りつけるなど)。

9の公開批判は、状況次第では自業自得なのですが
(自らが法令違反や規約違反をしていた場合など)、
それでも、やられた側は不愉快なのが普通だと思います。
「公開」での批判は、他に苦情申立手段がないとか、
拡大被害が予想される、緊急性があるなどのときに限るほうが良いでしょう。
ちなみに私はこのうち二つの理由を持ち、Aさんの公開批判をしました。

今回の眞鍋さんの場合、4と6と9の融合と考えられます。
モチロン、ホスト通いが事実無根なら、4でなく1になりますね。

そして、Aさんが私にしたことは、
(盗撮疑惑など言いがかり中傷)、(メールやファン限定記事の公開)、
(やってもいない詐称・報復呼ばわり)、(素性の公開を強制)、
10(逆切れと無視)、及び11の融合になります。

またAさんの言動により、私自身がトラウマとなっていることには
1.ネット上で知り合った人が、信じられなくなった
2.ブログに自分のことを書くこと自体が怖くなった
3.不在の間の迷惑カキコが怖く、コメント等を「承認制」にしないではいられなくなった
4.信用し仲良くしていた相手にまた傷つけられるのではという恐怖が生じた
5.ネット知人には絶対に素性を知らせてはならないという強迫観念が生じた
6.事態の改善を求めて起こした行動でかえって傷つき、身の危険度も増した
といったことがあります。

どうせAさんは、全て私が悪いことにして片づけようとしているのでしょうが。
それもものすごく私には不愉快で恐怖なのです。

なお、まだロクに書いていませんが、他にも不愉快な経験はありました。
ちらりと話題にだけ出したXさんなどは、1,2,9,10をやったし、
その他に、個人情報の漏洩だってありました。。。。。

しかし、Aさんを庇う方々も、私が全部悪いと思っているのか、
かなり気になって傷ついています。。。。
なぜ、私がここまでしたのか、もう一度考えて下さい。
私は根拠のない批判はしておりません。
私信のメール文面とはいえ、批判する根拠はちゃんとあります。
「批判を公開したこと」への批判は甘んじて受けますが、
Aさんにだって、それだけ批判される根拠理由があるのですよ。
わかってください。
スポンサーサイト
| Yahooブロガーへぼ氏の非常識 | 23:40 | トラックバック:0コメント:2
コメント
はじめまして・・・
テーマから、来させて頂きました。

わたしも今、あなたが感じておられる「トラウマ」、そっくりそのまま感じております。
わたしの場合、わたしのまわりの友達に迄、危険が及ぶ恐れが生じて来ました。
だから、ここに逃げて来ました。
友達も・・・
が、ここも時間の問題かも知れませんが・・・
相手には、わたしの気持ちは伝わりません。
わたしは、相手にしてみたら、敵の様ですから・・・

長々と、すいませんでした。
ありがとうございました。。。
2006.06.28 Wed 11:40 | URL | ♪祐希♪
♪祐希♪さんへ
♪祐希♪さん、コメントありがとうございます。

同じようなトラウマを抱えられているのですね。
お互い、辛いですね。でも、同じような嫌な思いをしている仲間が多い、という事実には、ある意味励まされます、私だけじゃないんだな、と。
今日はそういった意図の記事を書いてしまいました。

私も、「現実での仲間」にまで波紋が及ぶ恐れがあり、今は毎日が恐怖なのです。。。。
お互い、身の安全には気をつけましょうね。って、どうしたら良いのか分からないのも悩みなのですが。

トラウマって、ホントに深刻ですよね。なかなか回りには分かってもらえませんが。早くお互いの状況が好転することを祈りましょう!
2006.06.30 Fri 21:56 | URL | oioioioichan
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/tb.php/49-2e26e1d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。