文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
「伝えない」ことが、即、「嘘つき」なのか?
前回の記事で、「過剰な責任の追及」と書いたが、
それについて思うことがある。

もう少々古い話になるが、今年7月中旬に健康食品の某通販会社が
酢を濃縮して作る健康食品の不当表示で
公正取引委員会から排除命令を受けた。

命令の内容は、
「“一般の酢より10倍アミノ酸が含まれている酢を
 約20倍に濃縮し粉末にした製品”という商品説明だけでは、
濃縮工程中に消失するアミノ酸があることに触れていず、
実際の品質よりも、優良誤認させる恐れがある」
といったものである。

この製品には、栄養成分表示として
アミノ酸の実測値は掲載・公表されていたが、
濃縮の際に飛散・分解?するアミノ酸があることには
一切表示がなかったとのこと。
確かに、科学的知識の豊富な人であれば
濃縮操作で消失する分があるかもしれないから、
原液の20倍濃縮でアミノ酸まで20倍になるのか?と
想像が出来る・疑問も生じるはずだし、何よりも
ちゃんと当該商品の実測値が別途書いてあるなら、
少なくとも「嘘」「虚偽広告」ではない


ただ、「情報不足で、普通は分かりにくい」のである。
濃縮工程での成分損失なんて事は、世の常識というわけではない。
その点では、公取の命令も妥当かと思う。
少なくとも、商品の広告は「適正」であれ、というのは
「法律」で義務う付けられたことなのだから。

しかし、
「情報を出さない」のと、「インチキを語る」のとは、
全く別の問題である。


この健康食品会社は、この公取の命令を受けたあと、マスコミから
「インチキ販売」「嘘つき広告」「デタラメ商品」「詐欺会社」等と
中傷されまくったそうだ。
必要な情報を十分提示しなかったのは事実で不適切だが、
決して「嘘」をついたわけではないのに。。。。
批判の中味が違っているのだ。

酷い話である。
過失致死犯人に対し、強盗強姦殺人犯だ、と責めるが如しだ。
こういう事例を、「過剰な責任の追及」というのではないか?
なぁ、私に悪意丸出しの、某YahooブロガーAさんよ?

私のほうこそ、過剰な責任の追及をされたのだぞ。
年代・性別・血液型などを、「公表しなかった」だけなのに、
詐称」「騙した」などと言われ続けた上、
素性不詳路線だと明言しない方が悪い」と責められたのだから。

この健康食品会社の事例と、まさに共通する点があるのだ。

なお、念のため申し上げておくが、
「年代・性別・血液型」をwebで公表する義務は一切ない。
法令での定めがないのは言うまでもなく、私の知る限りは、
Yahooを始め、大手ブログサービス会社の利用規約で
これら項目の「公表」を義務づけているところはないはずだ
(もしあったとしたも、私はそんな会社では絶対に開設しない)。

なのになぜ、「詐称」とまで言うのか。理解に苦しむ。
というか、神経を疑う。

まぁ上記に挙げた例の会社は、
景品表示法という法律で義務づけた、「適正な情報の開示」を
怠った、という点では批判され責められるべきだが、
私は法令違反だってしていないのである。

Aさんは、とことん責任転嫁体質が染み付いた輩のようだから、
どうせこの私の主張も、聞きもしないし、理解も出来ないのだろう。
全く腹の立つハナシだ。

そんな理解力のない、責任転嫁をするような自分勝手な人が、
「命の安全も掛かるような活動」の場に出てくるのは
社会の迷惑である。

共通の関心ごとを続けたいのなら、
自分のまいた種ぐらい、ちゃんと始末し、謝罪しろ!

私のこの批判・主張に、何か間違いがあるだろうか?
スポンサーサイト
| Yahooブロガーへぼ氏の非常識 | 21:07 |
| ホーム |

プロフィール

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。