文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
コメントが削除される場合。
今まで、「削除されたコメント」の話として、
私に噛み付いて来て、反論部分だけ削除したYahooブロガーXさん
内緒コメントでも断りなく削除した、YahooブロガーAさんの件を書いてきた。

こういった非常識な削除が、不愉快なのは言うまでもないが、
コメントが削除されたり、IDやURLなどで書き込み拒否されるというのは、
何かしら理由があり、書いた側にも非がある場合も少なくない。

「非」としては、プライバシー侵害が最たるものだ。
プライバシー侵害は身の危険を伴うため、即座に削除すべき事態だ。
その他、公開の場であることを考えていないような侮辱的な文面も、
仮に、主張そのものが一理あったとしても、迷惑に違いない。

記事だけでなくコメントも、他の閲覧者の目に触れるもので、
特に反論や、「立ち入ったこと」を書くときには、
投稿する前にもう一度考えた方が良いのではないか?
勿論、ブログの雰囲気や、相手方との関係にもよるが。
なおYahoo、エキサイト以外は殆どのところで、コメントした人は自分では
書き込みを削除できない。

コメントを削除される経験が、何度も何箇所もある場合には、
自分の書き込み内容・方法のほうが、何か間違っていないか
振り返ってみた方がよいだろう。

ただしブログ主も、何らかの理由でコメントを削除する際には、
ルールというか方針を示し、キチンとお断りをした方が、
閲覧者に対して親切であるのは当然である。
逆に削除の理由がハッキリしていれば、面白くないにしても納得がいくし、
自分の気付かぬまま、うっかり迷惑行為をしていた場合にも
そのことに気付くきっかけになるのだ。

反面、公開の場で書いた自分の記事に「反論」が来て、
気に入らないからという理由だけで削除するようでは、
賛同者は得られないだろう。
ところで私の場合、幸いにも今まで挙げた他には殆ど、
コメントやトラバを削除された経験はない。
が、ゼロではない。

以前の記事に書いた、Yahooで嫌がらせと戦っているJさん
励ましのメッセージを公開で書いたところ、
Jさんは、ちゃんと私に向けお断りのコメントをした上で、
そのメッセージを消された。
公開で書いた分、相手を余計刺激しかねないらしいとのこと。

私から見たら、Jさんがマトモに思えたのでつい公開で書いたが、
嫌がらせを受けている当事者からしたら、気になってしまったようだ。
コレばっかりは確かに、非公開で嫌がらせをされている以上、
本人しか辛さは分からないかもしれない。
ちょっと配慮が足らなかったかと、私も反省し、
改めて非公開コメントして、その後話がついている。

このJさんとて、ちゃんと理由を示し、私に敬意も払ってくださった。
なので、削除されたからと言って、即不愉快にはならない。

それに対し、Aさんときたら、全く断りなしの削除である。
いくら私が少々立ち入ったことを書いたからと言っても、
公開コメントをしたわけでもないのに、断りなしは失礼だ。
確かに今は、本当に忘れているのかもしれないが、
だとしたら本当に、「自分に都合の悪いことだけは忘れる」という、
なるべく関わりたくない、一切付き合いたくない性質の持ち主だ。
普通、即座に削除するほどの迷惑コメントを受けたら、
何かしら覚えているものではないのだろうか?

Aさんの頭の中身は、全く私には理解不能である。
スポンサーサイト
| Yahooブロガーへぼ氏の非常識 | 21:59 |
| ホーム |

プロフィール

oioioioichan

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。