文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
mixiで起こった人権蹂躙事件に思う。
暫くココを放置していた間に、P2Pとmixiと2chとの複合作用による
重大で深刻な人権蹂躙事件が起きていた。

事の起こりは、ウィルス感染によるファイルの流出だったが、
悪い方に複合作用が働き、被害が深刻化したようだ。

ウィルス感染者である三洋電機社員も、本来被害者の一人だが、
ファイル作成者・流出者として、強烈な加害者にもなってしまっている。

また、本来別々に保管していたはずの情報や、会員限定公開の情報を
わざわざ検索し、結びつけて一般公開した輩も居たようだ。
もともとネット・コンピュータはそういう作業が得意なので
悪意ある人が実行すれば起こりうることとは思っていたが。。。。。
やられたほうは、たまったものではない。

第三者が巻き込まれ、当人以上の被害を受けている、というのも
この事件の嫌な特徴でもある。

そして、被害者の方は、mixiのシステムやファイル作成者を
「信用し過ぎていた」故
に、
プライバシー侵害行為や個人情報晒しにあい人権蹂躙のあげく、
生活をめちゃめちゃにされてしまったのである。

もう既に相当数の方が、この事件についてwebに書かれているし
あまりに重い事件なので、これ以上の詳細は差し控えるが。。。。。

しかし。
この事件に比べたら、私が晒された情報は確かに大したことがないが、
それでも、「問題の根っこの所」で共通点がある。

信用していた相手から裏切られた、情報流出
という点である。

また、レベルは格段に違うものの、その情報流出が影響し
「壊された」生活があったのも、一応共通点だ。
まぁ私は、初代ブログを泣く泣く閉鎖する程度で済んだのだが。。。
それでも、多くの時間と手間、工夫と労力をかけ、
築いた記事と、(ブログ仲間の)人脈が壊された。

このmixi事件では、被害者の人がファイル作成者を
過度に信用したことも、深刻化した要因のひとつであり、
また、mixiの無責任な「本名推奨方針」に騙されたとも言える。

流出した「秘密の写真」も、まさに被害者と流出者二者間の秘密で
第三者の目に触れることは想定していなかったのであろうから。

私も、悪意あるYahooブロガーAさんこと「へぼ」氏を信用し
他には拡散しないと思って私信で話した内容を
一方的に、webに晒されたのだ。
深刻さのレベルが違うのは確かだが、問題の根っこは一緒だ。
いや、逆に別の側面から見れば、mixi事件の発端はウィルスで
撮影者や被写体のかたが意図した流出ではないのだが
(この事件は、それゆえに深刻化しているのは言うまでもないが)、
へぼ氏からの流出は、へぼ氏自らの意思判断でしているのだから
もっと性根が悪いとも考えられる。

幸い、情報の内容がそこまで深刻でなかった、という違いが大きいが。

しかしいずれにせよ、「相手を信用したのが悪い」という言い分が
まかり通る社会は、何かおかしくないだろうか?


「へぼ」氏も、「口止めされてなかったから」とか
「悪意はなかったから責めるな」などと無責任な言いのがれをせず
いい加減に、自分のしでかした罪を自覚し反省して欲しいものである。

この三洋電機社員だって多分、悪意で流したわけではないだろうが、
だからといって責任逃れの理由にはならないのは明白だ。

へぼ氏の行った迷惑行為は、最悪の状況が重なった場合には、
今回のmixi事件のように、被害者の人生をも変えかねない
のだ。
まだこのことを、へぼ氏は理解出来ないのであろうか?
それともまた、「最悪の状況と一緒にするな」など、
責任逃れをするつもりなのか?

今はもう、自分の分が悪くなって私を無視し、そのくせ、
一方的に悪者にされたと身勝手な発言を行ったへぼ氏だが、
特にネットでの発言には、キチンと責任を取るべきではないのか?

なお。
私がこのブログで、へぼ氏を名指しで批判する記事をあげるのが
へぼ氏への人権侵害だと思われる方もいるかもしれない。
が、私とて、約半年のあいだ、私信メールでのやりとりを続けたが、
向こうの都合が悪くなってきたら無視されるようになったので、
へぼ氏のブログへの書き込みとメールで警告を再三行った上で
(キチンと反省・謝罪しない限り、それなりの措置を取る、と警告)、
このブログを立ち上げている。
詳しくはカテゴリ「Yahooブロガーへぼ氏の非常識」をご覧ください。

そしてこの記事であげているへぼ氏への批判は、
ほぼすべて何かしら根拠のあるものであり、
いわれなき「中傷」ではないことをここで改めて、
強く主張させて頂く。

私信のメールで連絡したものも含め、証拠は用意してあるので、
誤解の無いようにお願いしたい。


なお、最後に蛇足ながら。
このmixi事件は、起きてからもう2週間ほど経ち、
ネット上では話題のピークとしては峠を越している。
それでも、この被害者の受けたダメージは、簡単に消えるものではない。

そしてもっと話題が激しく扱われていた頃に、私がココで書いていたら
今取り上げるよりもっと、この記事が多くの人に読まれたはずだ。

共通のお友達も暫く留守にしていたようだし、
一応私は、それまで待っていたことだけは、付け加えておきたい。

スポンサーサイト

テーマ:(((;゚Д゚))))ガクガクブルブル - ジャンル:ブログ

| Yahooブロガーへぼ氏の非常識 | 20:53 |
| ホーム |

プロフィール

oioioioichan

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。