文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

ファン限定記事を暴かれた! | main | 身の安全が確保されての「楽しくコミュニケーション」。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
名指し批判をする基準・条件について。
このブログでは、今まで私がブログをやってきたうえでの
「不愉快な経験」全般を語る・グチることにしている。
なので、「特定個人ブロガーの攻撃」が目的のわけではなく、
迷惑行為への問題提起、啓蒙活動」が主題だと言った方が良いのだ。
(某氏は「自分への中傷」だと思っているようだが。。。。)

よって、取り上げるブロガーも複数にわたるのだが、
先日から某YahooブロガーAさんのみ、名指しを始めたところである。
他の方は今のところ、露骨な名指し予定は無い
(見る人が見れば分かる場合はあるし、今後については不明)。

私も「モヒカン」を極めているわけではないので、正直、
web上であまり露骨な名指しはしないほうがベターだとは思っている。
実名でなくHNであっても名指し批判をすれば、相手に知らせないと卑怯だと思うし、
そうすれば通常は反撃を食らうのが目に見えているからだ。
私は正直、他HNの「表ブログ」では「の~てんき」なブロガーであり、
そんな反撃を食らっても平気なほど本来強くは無いのである。


では、なぜ、その主義を翻してでも名指しを始めたか?
今後も名指しする相手が出るのなら、その条件は何か?
というのが今回のテーマである。
まず、Aさんこと「へぼ」氏の場合について。

この場合、私が第一に迷惑をこうむったことだ。
へぼ氏の無神経な発言が影響し、リアル知人にブログがばれ、
最終的には初代ブログを閉鎖するに至った。
もっとも、あの程度の情報でばれてしまい恥ずかしい思いをしたのは
正直言って、私の運営方針にも少しは問題があったかもとは思う。
でもだからと言って、へぼ氏の無神経で身勝手な言い分が通るわけではない。

そして、私信での申し入れを無視され、約束を破られたことだ。
メールでの修復交渉を始めた頃には、「逃げも隠れもしない」と豪語し
自らの勝手な言い分をひたすら私に投げつけていたへぼ氏だが、
散々「詐称」「報復」「盗撮」と失礼な言いがかりを付けた後に
段々自分の分が悪くなってくると、無視を始めたのである。
メールで無視、内緒書き込みも無視では、公開するしかない。
しかも向こうに書いただけでは削除されてしまうから、
自分で記事を書いてトラバ(それも削除されかねないのだが)するしかないのだ。

最後に、拡大被害が見込まれることだ。
拡大被害とは、他にもプライバシーをばら撒かれ、被害を受ける人が
出てきかねない
、という意味である。
以前の記事 http://oioioioichan.blog67.fc2.com/blog-entry-69.html
にも書いたように、プライバシー侵害は深刻な問題であり、
最悪の場合、ブログ主のリアルの生活もメチャクチャになるのである。
メールでの交渉を見てきた限り、へぼ氏にはそこまでの想像力が皆無で、
自分が迷惑に感じないことは、他の方も迷惑でない、
リアルへの影響なんてあるわけがない、と決めて掛かっていたように見えた
(現実での愛称なんて個人情報ではない、といった発言など)。
これではまた、他にも被害者が出るのではと懸念したのである。

という理由で、ハッキリ苦情を申し立てる必要があると感じ、
悩んだ末に名指しに至ったのである。


この状況から逆に、今後名指しするような迷惑な相手が出た場合の
「名指し条件」が見えてくると思う。

まず第一に、私が何らかの「実害」を受けることである。
ブログ閉鎖、ストーカー被害、web上名指し中傷(根拠無き悪口)などだ。
今のところ考えにくいが、金銭的被害や、迷惑メール、振り込め詐欺などが
その相手のために起きた場合にも、当然対象となる。
勝手にメルアドを公開の場に晒されたりなどしたら、
当然ながら、迷惑メールが激増することが予想される。

第二に、自分の申し入れが削除または無視されることである。
迷惑行為を受けたら、まず相手方に正当に苦情申し入れをする予定だが
そういったコメントが削除されたり、メールが無視されたりしたら
公開批判も仕方ないだろう。
また、相手のブログやサイトが不明で、申し入れ方法が無い場合も
いきなり公開名指し批判するしかない。

第三に、他にも被害者が出そうな場合である。
具体的には、個人情報晒しやプライバシー侵害行為が当たる。
単に、侮辱コメントだけのレベルなら、拡大被害とまで行かないが、
無神経にweb上に、「素性」もしくは「ブログで公開していない話題」を
書かれたりしたら、大抵身の危険を感じ迷惑なはずなのである。


この3つの条件いずれかがあれば、名指し公開批判をすることを検討する。
複数あてはまれば、まず名指し批判に踏み切ることになるだろう。

例外として思いとどまったのが、先日あった、リアル知人の場合である。
いわばあの方は、「除外規定に合致」したと言える。

へぼ氏とあのリアル知人の大きな差は、
「現実の真面目な人格を私が知っている」
「現実でのほかの知人との共通の人間関係がある」
の2点である。
いわば、リアル人間関係への悪影響を懸念したのだ。

最初の3つの条件にあてはまれば、原則名指し批判させてもらうが、
公開の場批判することによる、リアル生活への悪影響の方が大きい、と
私が思える場合のみ、例外的に名指し批判はしないことにする。

なので、この条件にさえ当てはまれば、へぼ氏以外にも今後、
名指し批判せざるをえない方が出るかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ的なもの - ジャンル:ブログ

| Yahooブロガーへぼ氏の非常識 | 23:53 | トラックバック:0コメント:6
コメント
はじめまして。
私も、ウェブで知り合った人に相当に酷い目に遭わされた経験を持つ者です。
「はてな」のブックマークでこちらのブログをお見かけし、そのときはゆっくり見られなくて、後から検索で辿りつきました。
自分の経験と照らし合わせ、うなずける記事が多かったので、思わず延々と読みふけってしまいました。
それでもまだ、半分も読んでないと思いますが……
私は、ブログがらみではないのですが、自分のサイトを乗っ取られかけたうえ、誹謗中傷ブログをウェブ上に公開され、2ちゃんねるで関連するサイトをさらされました。
一年も前のことですが、いまだに、そのころのことを思いだして身体が震えてくるときがありますし、2ちゃんからは今日も軽い荒らし的行為をする輩が飛んできてます。
さらした張本人が、私の実名、住所等を知っていることを考えると、それだけの被害で済んでいるのは、ありがたいことかもしれません。
こちらのブログを読んで、しみじみ、そう思いました。
まぁ、こちらも相手の実名等を知っているので、「報復行為として公開されたら困る」と思って、向こうはやらないだけかもしれません(苦笑)
私自身は、たとえ自分がやられても、相手の情報を公開するような真似はすまい、と思っていますが……
oioioioichanさまにしても、その考えは同じだと勝手に感じています。

oioioioichanさまの体験や、それを元にしてのブロガーのマナーについての考えなど、うなずきながら読みました。
確かに、過激とも思える表現はありますが、他人に対してそういう行為をする輩には「過激な表現」を持ってしても、こちらの傷が伝わらないことがあるのだな、と痛感しました。
ブログをはじめとして、ネットのマナーを軽く考えている初心者の人には、「実際に傷つく人がいるんだ」という意味で、こうしたブログを読んでもらうのも手かな、という気がしました。
興味本位で読まれてしまうのでは、oioioioichanさまにとって愉快ではないでしょうけれど……

こちらのブログは、私にとって、同じような感覚の方がいる、という励みになりました。
私がトラブッた人物も、「それが禁止されてるとは書いてない」といった勝手な論理で私を責めるタイプの人だったので。

この記事自体には関係のないコメントを長々と書いてしまって、すみません。
思わず没頭して読んでしまったのですが、初めて訪問して、いきなりページビューを増やしてるヤツに気づいたら、oioioioichanさまとしては気分が良くないかも、と思ったので、感想めいた文章を残させてもらいました。
一方的なコメントですので、表示、削除などはそちらの判断にお任せします。
また読みにお邪魔させていただきますね。
それでは。
2006.10.31 Tue 10:23 | URL | 椿
匿名blogは、覆面で街頭演説するようなものじゃない?
こんにちわ!
このコメントの題名のとおりのことが言いたいなって思いました。あなたの記事は前提がそもそも危険なのじゃないかなと僕は感じました。なぜかって、インターネットは無責任発言の温床であるべきじゃないと考えるからなんですね!
従来は全署名つきだった…なんていう大昔の話を取り上げる気は毛頭ないけど(ハゲじゃないよ!)、バレて困るようなことは書くべきじゃない。個人を特定されうるような振る舞いをした時点で、何か問題が起きたとしても原因は自分にあると考えたほうが、リスクヘッジの面から見ても適切じゃない?
実名でblogをやること、もしくは実名でmixi日記を書くことを「渋谷の交差点の真ん中で拡声器を持ってしゃべること」に例えた人がいるけど、それと同様、匿名の情報発信も覆面街頭演説に例えられると思う。演説の内容が誰かの怒りに触れたとしたら個人情報をバラされても文句は言えない。いや、僕はそうだとしても人様の個人情報をバラしたりはしないよ。だけどそこはマナーの問題であって、相手に当然のように求めるべきものではないような気がする。
インターネットは、現実空間でできることから少し手間を軽減させることを可能にするだけなんじゃないかな。発言の責任は同様に自分にある。現実空間でのタレコミや非難と同様、自分が攻撃されうることは認識する必要があると思います!
2006.10.31 Tue 10:28 | URL | obacan
えっと
知人にばれたくなければブログなんてするべきではないと思うのは私だけじゃないと思うんですが・・・
2006.11.01 Wed 02:10 | URL | 名無し
コメントありがとうございます。
椿さん、obacanさん、名無しさん、コメントありがとうございます。

お返事は長くなるので、別途記事にいたしました。
ご覧いただければ幸いです。
2006.11.01 Wed 03:58 | URL | oioioioichan
こんな人もいます。
人気ブログの批判を書いてアクセスアップする人もいます。

検索で引っ掛かりまくって本人の思惑通りのようです。

表現の自由なのでしょうか?
2007.03.11 Sun 15:45 | URL | はじめまして通行人です
はじめまして通行人です さんへ
コメントありがとうございます。公開が遅れまして、大変失礼いたしました。
事情がよく分かりませんが、表現の自由自体は、少なくとも日本国内に住む日本人なら誰でも(例え、話題の相手やA氏であっても)、適用になります。
ただ、
1.「自由には責任も伴う」こと
2.批判相手や閲覧者にも、反論する自由があること
3.理由のある批判と、根拠無き中傷や単なる侮辱は違うこと
を何処まで認識できているのか?という問題があります。
また、あくまでも私の個人的な印象では、アクセスアップ目当てでの行動はあまり好きではありません。
が、利用規約や法令を守っている限り、止める権利は誰にもありませんよね。。。
2007.03.14 Wed 23:04 | URL | oioioioichan
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/tb.php/88-67f3fba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。