文字通り、ブログでの不愉快な経験を語ってきていましたが、思うところあり、2007年9月に更新を停止いたしました。

ブログでの不愉快な経験

卑怯な中傷。 | main | 批判をするうえで。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
プライバシー侵害が「くだらん事」??
私や、多分多くのブロガーさんにとって、
プライバシー侵害」というのは、身の危険を呼びかねないことで
大きな心配だと思っている。

勿論、どの範囲を「プライバシー」と呼ぶかは人それぞれで、
自分にとっては気にならないことでもプライバシーと呼ぶ人が
居ることは否定しないが。

でも、程度の差こそあれ、ブロガーなら誰しもが
プライバシーの確保」は気に留めているもの、と
私は思っていた。

なので、「プライバシー侵害」をしたYahooブロガーへぼ氏には、
強く苦情を申し入れてきたところなのである。
一方的かつ身勝手な判断で、他人のプライバシーを公開したら
相手に身の危険を呼びかねないのだ、と主張しているのだ。

しかし。
しかし、驚いた。
へぼ氏をはじめ、世の中には、
プライバシー侵害が「くだらん事」「無駄なこと」と
思う輩がいるらしい。。。。


詳しくは、この書き込みをどうぞ。
http://bbs1.as.wakwak.ne.jp/bbs.cgi?id=21795&code=77&action=edit&pid=&pline=12

これは、へぼ氏(イケメンおとうと、と名乗っている)と
共通の友人だった方、及びへぼ氏の常連さんが
書き込んで居るBBSである。
そして多分、私のこのブログのことを指しているのだと思うが、
「くだらん」「無駄」と言っているのだ。

まあ、私のブログをどう思おうと、確かにこの方々の自由だ。
が、この方々、苦情の本質をまったく理解していないようだ。

私が散々主張しているのは、
「第三者が勝手に、webにプライバシーを晒す」
といったことへの危険性や問題点であり、
そういった「行為」を行ったという点で、へぼ氏を批判しているのである。

なのに、この方々は、表面的に私を
「うざい奴」「迷惑な奴」「人格攻撃」としか思わないとは。
ましてや、プライバシー侵害がくだらんことだとノタマウとは。

会話が成り立たないのも無理は無い。
そもそも、根本的に、考え方感じ方が違うのだ。

しかし、一般的には、
他人のプライバシーに無頓着で、勝手にwebに晒す奴、
というのは、迷惑だと考えるのが普通ではないのか。


幾ら、人によってプライバシーの範囲が違うとしても、
相手が「プライバシーだ」と言ったら尊重するのがマナーではないのか。
ましてや、「無断リンク禁止」とか「素通り禁止」などの
webの常識からしてアホなことを言っているわけではなく、
「現実での愛称」「性別」「血液型」「年代」などを問題にしているのだから。

こんな人々とは、一切関わりたくない、
ましてや、リアルで出くわしたいとは到底思えない。


まあ逆に、もしリアルで出くわしたとして、
ローマ字実名やメールのコピペを晒したとしても、
「どうでもよいこと」「くだらん」と思うのかもしれないが。
スポンサーサイト
| Yahooブロガーへぼ氏の非常識 | 02:32 | トラックバック:0コメント:2
コメント
驚きました(汗)
こんにちは。
今回の記事を読んで、相当に驚きました。
こんな感覚の人たちもいるのですね。
その人たち本人は、自分の名前やら血液型やら何やらがWeb上に公表されても平気だとしても、そういうのが「いや」という人がいることも認めるべきだと思います。
oioioioichanさまは、この件について「いやだ」という意志をハッキリと示されています。
そして、その意志を無視されたことについて、抗議しているわけですよね。
それを、自分が平気なんだから怒るのはおかしい、という理屈で「くだらない」と切り捨てるとは……
本人はもちろん、周囲の人までそんなふうに思ってしまうなんて悲しいですね……
私自身のことで恐縮ですが、私がWebでのゴタゴタに巻き込まれたとき、相手の周囲にいた人たちは無条件で相手の理屈に賛成していました。
そのなかには、私が「公正な性格の人だ」と思って密かに尊敬していた人までいて、かなりショックでした(苦笑)
結局、非常に言葉は悪くて申し訳ないのですが、類が友を呼んでいるのだと思います。
私がゴタゴタしてたとき、友人の一人は、相手の攻撃に対して怒りを見せるのと同時に、私にあった脇の甘さをも的確に指摘してくれました。
あとから聞いたのですが、私のミスを指摘するとき、「これで友人の縁を切られるのでは」と不安だったとのこと。
「へぼ」なる人の周囲の方々は、自分がイヤな思い(縁切りされたりとか)をするよりも、一緒になってoioioioichanさまを責めて仲間として結束することを選んだのでしょう。
oioioioichanさまにとっては、理解しがたい不愉快な話だと思いますが、世の中そんな人たちばかりではありませんし。
客観的に状況を判断できる人、相手の意志を尊重して交流を持つ人が一人でも増えることを祈っています。
2006.11.20 Mon 07:16 | URL | 椿
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.11.20 Mon 07:22 | |
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://oioioioichan.blog67.fc2.com/tb.php/99-a1d8ac14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

oioioioichan

Author:oioioioichan
他社・他所でも別HNでブログをしています。
ここでは、ブログをしてきて経験した不愉快な思い・怖い経験に絞って、不定期更新で綴ります。
なお、危険を避けるために「素性不詳」とさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。